2019年2月18日月曜日

川口リアクションに行ってきました。【取材報告】

2月9日~11日に開催された「川口リアクション」に当会事務局長が、取材にいってきたので、報告いたします。
地域の古民家を使っての初めてのイベントということで、当会としましても、なかなかの期待感をもって取材におよびました。


川口リアクションとは
〔川口市新井宿駅(埼玉高速鉄道)にある民家を拠点とした、AMSEA(東京大学|社会を指向する芸術のためのアートマネジメント育成事業)受講生によるアートプロジェクトです。〕


以下、写真でつづります。


会場となった民家は門下町会の一角にあります。


「餃子的なるものを作って食べる」
訪問してみると、ちょうど餃子みたいなものを作るワークショップしていました。
世界各国に餃子に似た食べ物が沢山あり、今日は7種類にトライ! だそうです。


台湾からの留学生含め3人の本場の人が参加していました。
皮も手作り、さすが本場仕込みです。


●ヴァレーヌイクと焼き餃子
ウクライナの料理で皮の中にチーズがたっぷり。
茹でた後サワークリームをつけて食べます。以外に絶品♪


●ペリメニ
ロシア版水餃子、
これも茹でた後サワークリーム&ヨーグルトのソースで食べました。美味い!


「麦味噌をつくる」
●らいぶさんの味噌
前日のワークショップでらいぶさんの麦味噌作りが有りました。仕込み後の麦味噌です。



2階はアーティストの作品が展示されていました。
「Multi-Cultural Appropriation」展

え?

2人の協同作品で白人至上主義???を表現した作品のようです。
バナナは黄色人種、リカちゃん人形は白人、漂白剤は白い肌への憧れの象徴か?
マイケルを思い浮かべた・・・


コンセプトはこちらだそうです↓
※「多文化的 (Multi-cultural)」になりつつある現代社会のいまだ日の目を見ない陰りにスポットライトを当てるべく、個々が多視点をもつことの難しさと直面することを「多文化盗用 (Multi-Cultural Appropriation)」と定義し、様々な形で社会に向き合ってきた4人の新鋭アーティストの視点から「多文化的」を再考する。


作品の上部が欠けてしまいました💦
バナナのいる下は西洋文化への憧れで雑なバッタ物が。
上部は本物の西洋の物が置いてあります。

三方の上にはスターバックスのカップが鎮座しています。


襖が微妙に開いている・・・いったいこれは・


これも作品・・・う~ん!理解不能???

ということで、ざっくりではありますが紹介させていただきました。
以下まとめ

総評(酷評です)
取材者感想

「作品のコンセプトは良いが、あまりにもクオリティが低い。小学生並か・・・。

バナナも本物を使うより別の材質(木・鉄・ガラス・陶器等々)
にした方が良かったのではないか?

正直あのバナナこの後どうなっちゃうの?食べるの?って思いました。」




食べ物を無駄にするのはやめましょう。
次回、作品がんばってください。
おつかれさまでした。







2019年2月12日火曜日

味噌づくりのお知らせ―赤山陣屋の会


毎年恒例の「味噌づくり」を行います。

2月23日(土)
時間 9:00~
場所 赤山陣屋の会広場
参加費 2700円
*おおよそ3.7~3.8㎏の味噌が出来上がります。
参加ご希望の方は下記までご連絡ください。

TEL&FAX 048-296-0579(田中)

NPO法人赤山陣屋の会より

2019年2月6日水曜日

「川口リアクション」開催のお知らせです

なにやら楽しいことが、地域ではじまりそうです。
2月9日(土)~11日(祝)の3日間、川口市安行慈林の古民家でイベントが行われます。
イベント名「川口リアクション」おもしろそうですね!

「川口リアクション」は、埼玉県川口市新井宿駅(埼玉高速鉄道)にある民家を拠点とした、AMSEA(東京大学|社会を指向する芸術のためのアートマネジメント育成事業)受講生によるアートプロジェクトです。

開催内容

「Multi-Cultural Appropriation」展
出品作家|磯村暖、半田颯哉、山本れいら、楊博
会期|2019年2月9日(土)・10日(日)・11日(月・祝)
時間|15:00-21:00
入場料|無料




「麦味噌をつくる」
会期|2019年2月9日(土)
時間|12:00-15:00
参加費|無料
定員|7名
持ち物|会場詳細と合わせてご連絡いたします。
*本イベント参加の方は、同会場開催の「Multi-Cultural Appropriation」もご覧いただけます。




「餃子的なるものを作って食べる」
会期|2019年2月10日(日)
時間|14:00-17:00
参加費|無料
*本イベント参加の方は、同会場開催の「Multi-Cultural Appropriation」展もご覧いただけます。



人数に限りがありますので、ご予約が必要です。
詳しくは下記まで
https://amseaut.blogspot.com/2019/01/kawaguchireaction.html

「川口リアクション」2月9日~11日
開催場所:川口市安行慈林621−19


2019年1月25日金曜日

感謝状をいただきました!【セブンフェスタ!】

セブンフェスタ!感謝状授与のお知らせ

去年の12月に初開催されたセブンフェスタ!
スタッフ、関係者のみなさま誠にお疲れ様でした。

この度、埼玉高速鉄道様より感謝状を授与されましたのでご報告いたします。


新井宿駅と地域まちづくり協議会殿へ
地域の魅力発信に多大なる貢献を致しました。
その功績をたたえての感謝状です。


埼玉高速鉄道の荻野社長から直々にいただきました。

荻野社長から協議会へお礼のメッセージです。↓

『本当にありがとうございます。流石に手慣れていて、一番の賑わいを起こして頂きました。御礼申し上げます。これからもまちづくりのために、力を尽くしてください。街の「付加価値」は、こういった地道な努力の積み重ねで、気が付かないうちに高まっていくものだと思いました。    荻野 洋  拝    』



「新井宿」が来場者数トップでした。断トツですね。
頑張った甲斐がありました。素直にうれしいです!
やったー


当会を代表して事務局長田舛氏が、受け取りました。
笑顔です・・・

皆様の協力なくしては、語れないセブンフェスタ!
次回も是非、ご協力頂ければとても助かります。

楽しいイベントを一緒につくりましょう!
今年もよろしくお願いいたします。


 

2019年1月10日木曜日

もちつき大会のお知らせー赤山陣屋の会


日時 1月27日(日)10~13時

場所 赤山陣屋の会広場

参加費 大人1500円、小学生500円、幼児無料

内容  もちつき、いちご大福作り、繭玉つくり、ランチ付き

ご予約 

当会(新井宿まちづくり)HPのお問合せフォームから申込できます。
http://araijuku2011.jp/contact/

または
電話・FAX 048-296-0579(田中)まで

赤山陣屋の会のページ↓
http://araijuku2011.jp/akayamajinnyanokai/

2018年12月29日土曜日

NHK正月時代劇「家康江戸を建てる」を見よう!


NHK正月時代劇「家康江戸を建てる」
前編~水を制す~
1月2日(水)21時~総合テレビ
後編~金貨の街~
1月3日(木)21時~総合テレビ

NHK正月時代劇「家康江戸を建てる」公式ページ
https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/ieyasu/index.html

 1590年小田原征伐の結果、豊臣秀吉からそれまでの東海五国の所領と交換する形で関東に移封された徳川家康は、家臣とともに江戸へと入る。そこで見たのは一面の芦原の広がる湿地帯であった。
 愕然とする家臣たちとは違い家康には江戸・関東を開発するビジョン、いやロマンを持っていた。そこで目をかけられた男たちが集められる。ここに日本史上空前の開発がスタートし、世界に冠たる巨大都市江戸・東京が作られていくのである。400年後の今も首都であり発展を続ける東京の原点は家康のロマンと名もなき男たちの熱と力であった。

前編~水を制す~

 徳川家康(市村正親)は、低湿で水浸しの大地(今の東京)に、人が住めるようにするには、どうすれば良いか?と考えた。海水が流れ込んでくる関東の低地では井戸から水を得難く、人が生きるための清水の確保が急務であった。

 いわゆる上水の整備を命じられたのは、家臣・大久保藤五郎(佐々木蔵之介)。若き日、戦場で傷を負い、馬にもまたがれぬ身となり、家康のための菓子作りを長年してきた大久保は、現在の井の頭池から江戸の町に上水を通すという一世一代の大仕事に取り組む。が、右腕となるのは、武蔵野農民の人望厚いだけの名主・内田六次郎(生瀬勝久)と、変人テクノクラート・春日清兵衛(千葉雄大)。

 二人の扱いに手を焼く藤五郎に比べ、利根川の流れを変えるという大工事に挑む伊奈忠次(松重豊)は着実に成果を上げていく。長引く工事に幕府の金庫番・大久保長安(高嶋政伸)が猛烈に圧力をかけてくる中、藤五郎は神田上水完成のため、伊奈の協力を求めるが・・・

 そうです。前編の主人公は神田上水を引いた大久保藤五郎ですが、我らが伊奈忠次も登場します。キャストはは松重豊さん。孤独のグルメの井之頭五郎で有名ですよね。渋いキャスティングです。忠次がどのように描かれるのか?楽しみですね。
伊奈忠次役の松重豊
 
 原作は直木賞作家の門井慶喜。5つの章からなっており、第1章の「流れを変える」では伊奈忠次が堂々の主役。伊奈3代で挑む利根川東遷の物語になっています。
 
門井慶喜「家康江戸を建てる」祥伝社文庫 Amazonなどで購入できますのでこの際買って読みましょう。


関連サイト

当会ホームページ
「関東郡代伊奈氏の200年」
http://araijuku2011.jp/inasi01/

YouTube
「伊奈忠次 関東の水を治めて 泰平の世を築く 」
https://www.youtube.com/watch?v=R6jRNDkUqec&t=6s
 

2018年12月21日金曜日

新井宿ミニフェスタ2018 イベント報告

新井宿フェスタは、これまでも何回か開催していて、
この駅前通りではお馴染みのイベントです。(毎年秋に開催しています)
今回は「セブンフェスタ!」(埼スタ線7駅同時開催のイベント)とコラボして、
「新井宿ミニフェスタ」と題し、12月8日に新井宿駅の地上会場で行われました。
地元農家さんの直売「かみね野菜」や、地域のお店の出店が、
年の瀬の新井宿駅周辺に賑やかに開催されました。
例の「行列のできる・・・!?」も見れたましたよ。

以下写真でつづる報告です。


埼玉スタジアム線「新井宿」駅の1番出口のあたりで行われました。
出店は地域のお店や、地元の農家さんの冬の野菜直売。
かみね野菜販売コーナーは、いつも人気。旬の野菜はすぐ売り切れます。
おなじみのお客さんは老若男女、幅広いなぁ。


冬期の野菜が並びます。八つ頭いも、ぎんなん、さといも、カリフラワー。


こちらは白菜、ネギ、ぼうふう、ダイコンが。ダイコンは早くも売り切れ。





元木青果さん
旬の果物がずらっと並びます。大きなりんご、あまーいみかん、色もカラフルです。




和菓子の「中ばし」さん。
定番のおだんご、いちご大福、お赤飯、話題の【ヤツガシラチップス】もありました。





すいーつばたけさん。
クリスマスパッケージなどもあり。可愛い手作りクッキーを売っています。


試食もありました!


ビール、ハイボールなどお父さんのためのご用意もあり。
から揚げの「揚げ太郎本舗」さん。



お!黒いウインナー発見。竹炭ウインナーだそうです。
「東京ウインナー」さん。



ただ今、焼きそば調理真っ最中!
「源長寺ソフトボールチーム」による秘伝の隠し味がきいた旨辛やきそば。
いい匂い♪

座って食べられるスペースあり。満席中。



「道の餃子駅」さん、いろんな味の餃子があります。


はい、こちらが行列のできる、つきたてお餅。「チーム山岡」
ほんとに行列が続いていた!



お天気も良くて、無事に終了できてよかったです。
また来年も開催したいですね。来場者の皆様ありがとうございました。
関係者のみなさまお疲れ様でした。





2018年12月14日金曜日

セブンフェスタ!埼玉スタジアム線【新井宿】イベント報告

12月8日、埼玉スタジアム線7駅の合同開催イベント
「セブンフェスタ!」が行われました。
初の開催でしたので、やや緊張。
でも、そこは新井宿、手馴れた出店者さんたちと
馴染みのお客さんたちも多く、なかなかの賑わいをみせていました。

エキナカに出店が並びます。新井宿駅構内。

新井宿駅エキナカは、出店10店。
テーマは「木のぬくもりと地域の歴史を感じてみよう!」
ワークショップやハンドメイド品の販売、季節のものや癒し系もありました。


ワークショップ

赤山にある「ToiToiToi トイトイトイ」
大きなまつぼっくりで作る「クリスマスツリー」のワークショップを行いました。


普通のまつぼっくりより大きめのものを使い、自然の素材で作ります。
子供の頃を思いだすなぁ

まつぼっくりツリーにデコレーションしていきます。ワクワクしますね。

いつの間にか満席になり、親子でワイワイ賑やかで楽しそうでした。

DIY屋さんなので、
ビンテージの壁紙を使ったトレイやかわいいペンキの販売もありました。



ハンドメイド


根岸 「木風堂」   
当会会長のお店です。



木のぬくもりです。昔懐かしい「輪ゴムてっぽう」がありました。
使われている木材は尾鷲杉。

木で作ったお箸や耳かきなども販売していました。



「多々羅幽山」さん (道合)
根付の展示と販売です。根付とは今でいうストラップのようなものですが、
こちらは手彫りの高級品。


こんな近くで初めてみた。すごい凝っています。
「かぐや姫の母・・」わぁ素敵なタイトルもついている。



「TERAMADE」  さいたま市
手作りスカーフと帽子販売。
当会でもおなじみ、草木染のスカーフがありました。



「彩」 いろどり 新井宿
パッチワーク、小物マーケットです。




「クラフトGENGEN」  西新井宿
園や学校、習い事で使うバッグや巾着、ガーゼのハンカチ、
マスク、エコバッグがサイズ豊富に揃っていました。




癒し系

「カイロプラクティック健美館」 木曽呂
骨盤矯正体験実施中。

「美容カイロの力」寒くて固まったカラダに効きそうです。


「ベルプラザ」  神戸
クリスマスシーズンのお花がいっぱいでした。


「地蔵院」 桜町
追風不動護摩焚き祈願案内。ちょっとレアなグッズあり。

川口銘菓、和菓子の販売もしてました。


歴史と自然

「AGC 新井宿駅とまちづくり協議会」
歴史パネルと地域の文化、自然のパネルの展示です。

新井宿周辺の歴史についてよくわかります。

地域の文化のパネル、行事などもよくわかりますよ。

かみね地区の四季の自然。花がいっぱいの地域ならでは。


セブンフェスタ!は7駅同時開催だったので、スタンプラリーもありました。
2駅目からプレゼント!
駅名がついたノートはSR限定品だったのです。貴重だ・・・
となりには、100名限定。「かみねのお花のしおり」もご用意していました。

ということで、
初開催の「セブンフェスタ!」新井宿編は無事開催終了となりました。
また、来年も会いたいですね。
以上、写真で綴る報告でした。