2012年1月31日火曜日

新『川口市』誕生記念事業 リレー・トーク

平成24年1月28日(土)、『川口市』誕生記念事業 リレー・トーク>『文化資源を生かしたまちづくり』(主催 川口市・埼玉県立近代美術館)に参加してきました。

   
駅を挟んで、反対側の建物のキュポ・ラ6階では、川口市・鳩ケ谷市合併記念『日光御成道展』を開催しており、またリリアの2階では『拉致問題を考える会』に600名ほどの参加者があったようです。

駅前の両施設は関係者で賑わう中、リレー・トークも定員を上回る260名ほどが参加されていました。


リレー・トークのパネラーは主に建築関係の方で、直前に歴史系景観の街歩きツアーを開催していたようです。川口市にも歴史的に重要な建造物があり、その景観を守ることの大切さと、他の市町村にはない文化推進室の意義を説明されていました。建築、文化財からまちづくりの構図に至るまでその内容は多岐にわたっており、非常に面白いものでした。


パネリスト並びに演題の紹介は次の通りでした。    
     
(1)
伊豆井秀一氏(埼玉県立近代美術館学芸員)は、文化芸術や建築史の視点から『記憶のよすが』について。本町一丁目から鳩ケ谷にある歴史的建造物をスライドを元に紹介。よすがとは縁、因の漢字をあてますが、心のよりどころと考えて紐解いていくと様々な発見があるようです。

  
     
(2)
山中知彦氏(都市デザイン・新潟県立大学教授 )は、『日光御成道・旧川口宿と鳩ケ谷宿の文化的側面』について、古地図を元に川口宿と鳩ケ谷宿の歴史的な変遷について紹介しました。ちなみに、新井宿は、助郷(すけごう)としての役割だったそうです。
     
(3)
原田敬美氏(建築・都市政策研究所所長)は、『文化・芸術のまちづくり・港区の経験』と題し、六本木を中心とした港区のまちづくりについてのお話。
(4)
清水寛二氏(芸能・能楽師)は、建造物は有形であるが、無形の引き継ぎもあるのではないか?というテーマで『育つ芸・生まれる芸』 についてお話しされました。今回は特別に、謡の実演もありました。
     
(5)
川口市長の岡村幸四郎氏は『文化が生まれ育つ、活きのいい街をめざして』 と題し、無形の引き継ぎの重要性、市の文化施策、赤山陣屋跡の活用法などについてのお話しをされました。また、77haある赤山陣屋跡を『市民の森』として再現したいということや、伊奈氏の歴史的な謎や解明についての調査・研究も面白いのでは、という事を話していました。

(6)
岩崎敬氏(環境デザイン・東京大学先端科学技術研究センター客員研究員)は、『人が動く、芸が育つ、街が活きる』について以下のような観点でトークが展開されました。
     
        

それぞれ専門的な視点からトークが展開されたので内容も濃く、謡の実演あり、具体的なスライドありで、あっという間の2時間でした。
またこういった機会を有効に活用し、新井宿にも活かしていきたいと思います。
       

新井宿駅前のカツ屋さん

新井宿周辺にお住まいならご存知の方も多いはず。
埼玉高速鉄道線・新井宿駅、出口2の正面にあるカツ屋さん。
気になっているけど、なかなか中に入れないという方も少なくないはず。
今日は、その「とんかつ 勝時」をご紹介します。
店内はカウンター席のみで、10人が入れるかどうかぐらいの大きさです。
メニューは、揚げ物がメインですが、写真はヒレカツ定食ですが、「特上ロースカツ定食」も人気だそう。どのカツも、ジューシーで柔らかく、待ち時間も少なくお腹いっぱい食べられます。


特徴は、揚げたてのカツを、わさび醤油につけて食べるところ。これが意外にさっぱりしていて美味なのです。


ロースカツやヒレカツの他に、カキフライやエビフライなどもありますが、時々500円キャンペーンもやっています。お持ち帰りもできるので、家でゆっくり食べたいという方は持ち帰り専用にしてもらうのがいいかもしれません。
でもやっぱりカツは揚げたてが一番!優しいマスターがいるお店でぜひ。


<こだわりとんかつ 勝時>
川口市新井宿80-1
TEL 048-280-5980 ※電話で持ち帰りの予約もできます
月曜休み

2012年1月25日水曜日

雪の新井宿

1月23日の夜から降った雪は4センチの積雪となり、街を雪景色に変えました。雪が積もるのは年に1,2度しかないので記念に近所の景色を撮ってきました。


23日夜、家の前の道


街灯の灯もありますが、雪のせいなのか月の明るい夜だったのか?とても明るい夜でした


翌朝、裏の畑。左上に見えるのは医療センター


一面真っ白


雪景色と富士山。ちょっと趣が違います。


屋根の雪帽子。上の方に見えるのは川口高校。


新井宿駅前通り。通勤の人たちが転ばないようペンギンのように歩いていました。


源長寺の西の農道。非常に美しい景色でした。また雪が降ったらここを散歩したいと思いました。


源長寺。残念ながら屋根に雪がありませんでした。


もっといろんなところに行ってみたかったのですが、通勤途中だったので行けませんでした。これを見ている方で自分も撮ったよという方がいらっしゃれば、ぜひ当ホームページまでメールで送ってください。また、そうでなくても新井宿(神根)の良いところ、風景、珍しいもの、グルメ情報など、何でもお寄せいただければ幸いです。


新井宿まちづくり協議会info@araijyuku.jp

2012年1月19日木曜日

蕎麦なら福乃屋!

新井宿まちづくり協議会では、蕎麦プロジェクトが進行中ですが、今日は新井宿にあるおススメのお蕎麦屋さんを紹介します。
川口市立グリーンセンター正門の並びにある本格蕎麦屋「福乃屋」さん。

おススメは、やっぱり『十割そば』。コシがあってとても美味しいです。汁は、濃いめが好きな方には評判で、少し甘めのしっかりした味です。


もちろん『田舎蕎麦』も定番で、うずらの卵を汁に入れて食べるのがこのお店の特徴です。


この他にも、さっぱり系やあたたかいお蕎麦、南蛮系などそのメニューは豊富ですので、家族でもお友達とでも楽しめます。

また季節の単品メニューも色々あり、寒いこの季節は、ワカサギ天ぷらも美味しいです。

店内はいつも混んでいて、この日も満席でしたので来店される場合はご注意を!
<福乃家>
川口市西新井宿567-1
048-283-8685
火曜定休

2012年1月15日日曜日

かわいい小さなパン屋さん hoppe hoppe(ほっぺほっぺ)

新井宿近隣のお店を紹介します。
埼玉高速鉄道・新井宿駅から歩いて約1分のところにあるパン屋さん、hoppe hoppe(ほっぺほっぺ)。


小さくてかわいいお店ですが、いつも豊富な種類のパンが並んでいて地元でも評判です。


時期によっては、新井宿の特産物やお店とコラボレーションした“ご当地パン”がありますが、今の時期は少しお休みしているので、今回はhoppe hoppeオリジナルの美味しいパンをご紹介します。


お菓子感覚で食べられる「かぼちゃのタルト」は、北海道産のかぼちゃがゴロッと使われていて、卵と生クリームで作られているのでトロッとした食感が楽しめます。甘さが控えめで、かぼちゃがそのまま入っているので、体にも優しくヘルシーな味。


全粒粉の生地でつくられたパンの「カニクリームコロッケ」は、国産のカニを使用したコロッケとキャベツがなんとも美味しい!


そしてこの「玄米ごぱん・野沢菜」は、玄米と豆乳入りの生地でつくられたパンの中に、手づくりの野沢菜が入っています。


hoppe hoppeでは、美味しいうえに、体のこと、地産のことをきちんと考えてつくられているパンと出会えます。新井宿へ来たら、ぜひ食べてみてください。


ご当地パンが店内に並んだら、またこのブログでご紹介します。お楽しみに~。


<hoppe * hoppe>
川口市西新井宿南原103-4
TEL 048-286-5733

そばプロジェクトいよいよ完結!


そばプロジェクトといっても誰も知りませんが。
AGCの中でも忘れられていたくらいですから。
でも先日、会議にそば粉を持ってきて。
気がつけば試食会をすることになりました。

昨年、10月23日に新井宿まちづくりフェスタをやったときに、第5会場のコスモス畑に行った方はもしかしたら覚えているかもしれませんが。コスモスの手前になにやら草が生えていたはずです。これはコスモスプロジェクトの企画の際、同時にそばプロジェクトもやろうということで、同格に扱われていたのですが、用地の問題やら人の問題やらでいつのまにかコスモス計画のサイドメニューに格下げとなって、コスモス畑の一角をお借りしてやることになってしまったものです。
当初は神根の地そばブランドを立ち上げると鼻息も荒かったのですが、手伝ってくれる人も少なく、ノウハウもなく、多くのスタッフの意識からも薄れてしまったのですが、一部の人たちは情熱を失わず、今日まであらゆる困難を克服して完結まで目前というところまでこぎつけました。
以下はそんな健気で日陰な人たちの地道な努力に敬意を表して「そばプロジェクト」の今日までの歩みを振り返ってみたいと思います。


7月21日、プロジェクト始動!畑を耕しています。しかし、写真で耕しているのは実際はコスモス畑で、ソバは手前のほんの一角です。この日種を植えました。


8月5日、雨不足のため水をまきました。手前の湿っている部分がそば畑です

8月11日、発芽!うれしかったでしょうね。

8月20日、順調に伸びています。

9月2日、あっというまにこんなに成長しました。

10月3日、一面に花が咲きました!見てくださいこれがソバの花です。(そばスタッフの代わりに誇っておきます)

11月22日、実もなったのでいよいよ収穫です。

刈入れ風景。うれしそうに働いています

畑もきれいにして地主さんにお返ししました

11月28日、刈ったそばを干しました


12月8日、種取り風景。ミレーの絵のような佇まい


ふるいにかけて種とゴミを分けています


さらに扇風機の前で種をすくっては落とし、すくっては落としして細かいごみを吹き飛ばしています。機材もノウハウもないので根気だけで対応しています


苦労の末、収穫完了!これがそばの実です。

さて、これからが大変でした。
AGCのメンバーの誰も脱穀、製粉の機械(石臼など)を持っていないのです。
いろいろあたってみてやっと機材を持っている人を見つけました。
1月12日、西新井宿某所にて製粉作業が行われました。

実を砕いて殻を取り除きます

取り除いた殻

そば粉。まだ殻が混じっている

機械にかけてさらに不純物を取り除きます

完成したそば粉。う~ん確かにそば粉だ。本当に出来た。

でもって会議に持ってきたのがこの袋。意外に少ないなと一同。

この粉でできるのは30人分くらい。
試食会は盛大にやりたいとのことで、3月の総会でその場で打って食べようとの話が持ち上がりました。
このそばが旨いかまずいかで今後のそばプロジェクトの行方が決まります。
はたして神根そばブランドはできるのでしょうか?この粉にかかっています。
でも誰が打つんだ?

結果はどうあれ、ここまで頑張っていただいたそばプロスタッフの皆様、本当にご苦労様でした。










2012年1月11日水曜日

新井宿のショップ「木風堂」で漆の展覧会

木や作家の作品を展示・販売している「木風堂」で、明日から企画展が始まります。



『漆と器 藤原啓祐展』
2012年1月11日(水)~2月12日(日)
木のぬくもり ~薪ストーブでお茶を楽しむ~


寒い冬ですが、木のあたたかなぬくもりを感じながら、作家の手仕事に触れてみませんか。
店内には、こだわりの家具や工芸品、器などさまざまな商品も置いてあります。
どうぞお楽しみに!

くらしの工芸 木風堂 kippudo
川口市安行領根岸2244-3
TEL:048-299-9539
駐車場有

2012年1月2日月曜日

新井宿の年越し行事

あけましておめでとうございます。
今年もAGCをよろしくおねがいします。

大晦日、紅白も終わり時計の針が零時に近づいてくると、個人においても巷においても、さまざま年越しの儀式といいますか、行事が行われていることと思います。年越しそば、除夜の鐘、初詣等々。人それぞれのスタイルで新年を迎えて気持ちを新たにしていると思います。

毎年我が家では、零時の瞬間に義母、義父が戸をガラガラっとあけて、「あけましておめでとうございます」と慇懃に挨拶をして雑煮を作り出します。この儀式に立ち会うことがとても大事なのですが、今年からはこのブログで地元の年中行事をレポートすることにしましたので、義父母には申し訳ないですが、11時半頃から近所の寺社を回ってみました。

駅近くに行ってみると、かすかにゴ~ンと鐘の音が聞こえてきたので、その方角に自転車を走らせると地蔵院に着きました。境内には50人ぐらいが行列をつくって除夜の鐘つきの順番を待っていました。真近で聞くとさすがに大音量です。

          地蔵院

          鐘つき

地蔵院を早々に後にすると、鐘の音を背に新井宿、西新井宿の二村社に行きました。ここは二つの神社(新井宿ー子日神社、西新井宿ー氷川神社)が向かい合わせで一度に二か所お参りできるのでとっても便利。

          氷川神社

               子日神社

零時直前、氷川神社に元朝の参拝の行列ができて新年を今か今かと待っています。子日神社の方は待っている人はいませんが参道の竹灯篭が幻想的な雰囲気を出しています。午前零時、新年を告げる太鼓が鳴るとようやく参拝が始まりました。

          順番に参拝をする人々

毎年、元朝に氷川神社に参拝する人は400人ぐらいだといいます。氷川神社にお参りした人はおおむね子日神社にもお参りしているそうです。氷川神社ではお神酒、お札の販売、みかん進呈、お炊き上げ、子日神社では甘酒、金運5縁などで参拝客をもてなしていました。

 
          お炊き上げ

両神社向かい合わせとあって、厳かな中にも他にはない雰囲気がありました。新年零時の元朝参拝は地元住民なら是非行ってみるべきです。連綿と続いている歴史を感じられることでしょう。



それから、宝蔵寺ですが、誰もいないと思ったら、本堂にたくさん靴が並んでいて、中で何かやっていました。きっと檀家の人たちが集まって、新年の儀式をしているのでしょう。
不思議な感じがしました。

          宝蔵寺


このように、地元新井宿の越年行事はさまざま特色をもちながら、何百年前から変わらずに続いているのだろうな、などと感慨にふけって帰路に着きました。皆様、本年はともどもに良い年でありますように。では。