2012年5月16日水曜日

新井宿の珍百景その3-生首リニューアル!



2月にこのブログで「生首の鳥避け」を紹介して大反響がありました。あれから3か月、僕も知らないうちにかかしは思わぬ展開になっていたのでご報告します。

まずひとつ、生首はあれからなくなったのです。3月の終わりだったか、4月の初めだったか、知り合いから生首の場所がわからないと連絡があった。おかしいなと思って確認に行くと、生首がなくなっていた。ポールすら立っていない。なぜ?あれほど周囲を威圧していた生首たちが消えるなんて。彼らのいないその空間は腑抜けたように緊張感に欠けていた。

つぎに、なんと生首の所有者が判明しました!しかも驚くなかれ、その人は最近AGCの会員になった人でした!その人がAGCに入った経緯とこのブログは何の関係もないが、入ってからこのブログを見て自分ちの生首が取り上げられていたので仰天したそうです。お話を聞くとこの鳥避けはもう何十年も前からやってるとのこと。なぜマネキンの首なのかというと、この方の妹さんが美容師で、練習用に使っていた生首を鳥避けとして逐次投入してきたということでした。なるほどなるほど。悪趣味ではなく廃物利用だったのか。して、もうやめてしまったんですか?と聞くとそうではなく、あまりに古くなったのでリニューアル準備中とのことでした。

で、先日そろそろリニューアルが出来てるかな?と確認に行ってきました。すると!
*画像をクリックして拡大してください
お、男!達?

角刈り、イケメンの男たちとは今までにない型式だ。さらに!

女も!ビニールで保護してるらしい


しかしどうなのだろう?3人ともいかにも若い、若すぎる。新入社員というふうでフレッシュさを感じてしまう。これではかかしは務まらない。やはり、↓これぐらい迫力がなくては。


先日引退した往年のスター達

さすがに先輩たちには貫禄があった。これぐらいになるには永い風雪に耐えていかなければならないだろう。

 
左から、あつし、かずむね、Kよ、と命名

まだまだこれからの3人ですが、成長を暖かく見守っていこうと思います。こらから仲間も増えるかもしれない。今は力不足を否めないが、とにかくも「かかし新時代」を担うのは彼らしかいないのだから。

以上、最新のレポートでした。

*かかしオーナーのYZさん。リニューアル本当にありがとうございました。

かかしが見つからないという方がいますが、JAあゆみ野付近を探してみてください。あの辺は羊とか富士塚とか珍しいものが多いので探検すると楽しいですよ。では。







0 件のコメント: