2012年5月28日月曜日

畑日記 ~いんげん編~


5月12日(土) 曇りのち晴れ

今月5日に種まきをした「インゲン」です。


小さくてかわいい芽が、ひょこっと出てきました。



5月21日(月) 晴れ

さらに10日経ち、小さかった芽も、だんだんと大きくなってきました。


インゲンは、1ヶ所に4~5粒の種を蒔きます。


葉っぱが、三角形に近い形をしています。
いんげん君、がんばれ~!



<ミニ知識!>

インゲンマメ
(隠元豆、Phaseolus vulgaris)


マメ科の一年草。別名、サイトウ(菜豆)、サンドマメ(三度豆)中南米原産。16世紀末にヨーロッパを経由して中国に伝わり、17世紀に日本に入った。

1654年、明からの帰化僧、隠元禅師が日本に持ち込んだことからこの名前が付いた。

0 件のコメント: