2012年6月26日火曜日

畑日記 ~いんげん編②~

6月3日 曇り

肥料をくれて機械で『かんまし』作業をしました。

今頃になって芽を出しているインゲンもありました。

出遅れちゃったようだけど、なぜか親近感を感じます。(笑)


6月10日 曇りはれ

つるが伸びてきたので、支柱を立てて絡ませました。


これから、どんどんとつるが伸びていきます。

たくさんの太陽の光を浴びながら、大きく大きくなりますように。

畑日記 ~長ネギ編②~

久々の『長ネギ』、その後の経過をご報告します。


6月4日  晴れ

前回は、ばらして植える作業ところまで、ブログでご紹介しました。

肥料を少しあげて、その上から土をかけました。


斜めに置くように植えた長ネギ苗ですが徐々に真っ直ぐになってきました。


この角度から見ると、真っ直ぐ並んでいて、気持ちがいいです。


また成長したら、報告したいと思います。お楽しみに。

2012年6月24日日曜日

新井宿駅周辺の道路が夏に変身

駅周辺のフラワーポットを植え替えました。
ポットに腐葉土と肥料をいれます。そして、クワで丹念に土おこし。苗の根が育つようにします。
そして、マリーゴールドを14本しっかりと植えました。風水では黄色は金運とか。夏に元気を与えてほしいです。新井宿駅周辺まちづくり推進協議会の皆さんとAGCのお手伝い。

2012年6月19日火曜日

畑日記 ~スイカ編②~

6月10日 曇りはれ


「小玉スイカ」先月のブログから1か月ぶりの成長記録です。

植えた当初は、元気がなくて一時はとても心配でしたが、こんなにも枝が伸び、葉もたくさんついてきました。



すでに、スイカの小さな黄色い花が咲いています。かわいいですね!




6月13日 曇り


スイカと土と間に、稲ワラを敷きました。
スイカはツルが伸びて成長する時、うまく絡んでいくためにワラを敷きます。
下が土だと、ツルが伸びても絡まることができないですからね。


あと、スイカには、ツルから出る「気中根」というものが出てきます。
見たことありますか?くるくるとしたスプリング状のひげのようなもの。これが、ワラに絡みつくのです。


あと、土の乾燥をふせいだり、泥除けだったり、色々な効果があるようです。
そして嬉しいご報告!なんと、赤ちゃんスイカを発見しました!


元気に育ってくれますように。また大きくなったら報告します。

2012年6月11日月曜日

畑日記 ~ヤツガシラ編③~

6月8日(金) 晴れ

4月に植えたヤツガシラでのその後をご紹介します。


2週間前まで小さかったヤツガシラですが、大きな葉っぱを付けてこ、こんなに大きくなりました!

一つのイモ種から2つ芽が出ている株がありましたが、残念なことにどちらか一つにしなければなりません。これも立派なヤツガシラを作るための大切な作業。少しづつ調整していきます。


サツマイモ、ヤマトイモ、やつがしらは、秋に収穫予定です。
秋に開催する予定のフェスタで販売する予定ですので、まだもう少し時間はかかりますが皆さん、どうぞお楽しみに!


*********************************
新井宿フェスタ 2012 (仮称)

2012年10月28日(日)  10:00~16:00

地元の農家がつくった、農産物や花卉を販売します。
また、農業体験ツアーや、音楽イベント、オリジナル特産品の展示・販売など盛りだくさん!


会場  新井宿駅 出口付近(予定)
*********************************

2012年6月10日日曜日

畑日記 ~メイクイーン編③~

6月8日(金) 晴れ


おなじみメイクイーン!こんなにも瑞々しい葉茎が育っています。

畑の土が見えないくらいの量。かなり元気です!


多分根元には、すでに小さなジャガイモができていることでしょう。


収穫までもう少し、さあ大きくな~れ~!


大きくなったメイクイーンは、7月29日(日)に開催するAGCミニフェスタ「神根・夏の魅緑市」で販売を予定しています。みなさん、どうぞお楽しみに!



そしてここで、じゃがいもにまつわる
ミニ知識!

今回は、オランダのジャヤガイモにまつわる絵画のお話。

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの『ポテト・イーター』『ジャガイモを食べる人々』は1885年の製作で、オランダ南部のヌーネンでクラス農家の生活の一部を切り取っています。


北海道の札幌郊外の泥炭地をイメージすると理解が速いと思います。オランダではジャガイモは主食、日本のコメに匹敵します。オランダ語では「aardappel」、地下のリンゴという意味で表されます。

ゴッホの絵画では、一日の農作業を終えた汚れた手で、唯一の食べ物とコーヒー(別名;雑巾を絞った水)の食事をしています。
ちなみにゴッホは、殺風景な風土を嫌い、パリ、アルルへと光と芸術に自由を追い求めて南下します。そう、この絵画は、ゴッホ初期のもので、とても貴重なものなのです。

そして、じゃがいもが人々の生活の身近にあったことが伺えます。

絵画からみる野菜や花々も、面白いですね。

畑日記 ~サツマイモ編②~ 起死回生の巻

6月1日(金) 曇り午後時々小雨



前回、ブログでご紹介したサツマイモ苗

実はこのサツマイモ苗、植えてから数日、かわいそうなことに干乾びて元気がなかったのです…。


大丈夫だろうか…、このまま枯れてしまうのか…、とっても不安に想いながら見守っていたのですが、先日驚くことに元気に回復しました!


元気になったきっかけは、やっぱり雨だったみたいです。

サツマイモは、薩摩の国(九州)が産地なので、暑さ・乾燥にはめっぽう強いと言われています。
どんなに干からびてもまず枯れることはないんです。


そして雨をもらうとサッと立ち上がる、そのたくましさはまるで九州男児のようですね。笑



ちなみに永年のライバル?の『ジャガイモ』は北海道が有名です。
だからか、育てる時も暑さに弱く、寒さには滅法強いんです。

いつも私たちの食卓を賑わしてくれるサツマイモとじゃがいも、その両者は性格が真反対なんです。そんなことを考えながら食べると、またひと味違った楽しみ方ができるかもしれません。

畑日記 ~ひまわり編~

いよいよ梅雨入りしましたね。
恵みの雨は嬉しいのですが、さて今年はどんな梅雨になのでしょう。


先日、『緑肥用ヒマワリ』を植えましたので、その様子をご紹介します。

ちなみに、緑肥とは 栽培している植物を収穫せずそのまま田畑へ敷き込み、つまりは植物と土を一緒に耕し次に植える植物の肥料にすることを言います。



6月1日 曇り夕方小雨

これは、昨年収穫した種子です。冷蔵庫に入れて保管しておきました。


これから種まきする畑です。土が硬くなっており雑草も生えているのでトラクターで耕します。


次に管理機でサク切りをします。


さぁ、これから種を蒔きます。


このくらいで良いでしょうか。サクに種が落ちているのがわかりますか。


またまた管理機登場。今度は、蒔いた種を埋めていきます。


順調に作業が進んでいます。これが、意外にけっこう疲れる作業なのです。


ヒマワリの種まきが終了しました。
この畑一面がヒマワリでいっぱいになったらとても綺麗でしょうね。
興味のある皆さん、ぜひ見に来てください。



ここで、
AGCミニ知識!

ひまわり(向日葵、Helianthus annuus)

この花、実はキク科の一年草。

和名の由来は、皆さん知ってのとおり、太陽の動きにつれてその方向を追うように花が回るといわれたことから。

ひまわりの茎の上部の葉は太陽に正対するように動き、朝には東を向いていたのが、夕方には西を向きます。日没後はまもなく起きあがり、夜明け前には再び東を向くのです。


でも実は、この動きは生長に伴うものなので、実際に太陽を追って動くのは生長が盛んな若い時期だけなのです。

つぼみが大きくなって、花が開く頃には成長が止まるため動かなくなります。
完全に開いた花は基本的には東をむいたまま、殆ど動かないんですよっ!


原産地は北アメリカ。
すでに、紀元前からインディアンの食用作物として重要な位置を占めていました。
1510年、スパイン人がひまわりの種を持ち帰り、マドリード植物園で栽培を開始。
100年後、ようやくフランス、次にロシアにわたり、初めて種子の大きな価値が認められたそうです。

そして日本には、17世紀に伝来したと言われています。

世界各国で愛されている「ひまわり」、夏に元気をもらえる花として、その成長を楽しみにしたいと思います。

2012年6月3日日曜日

畑日記 ~きゅうり編~

ブログでは初公開の「きゅうり」くん。みずみずいきゅうりが育ちますように…。
皆さん、見守っていてくださいね。


5月6日 曇りのち夕立ヒョウ
さて、先ずは苗植えです。
ナスと同じく、地元新井宿の園芸売店で購入したキュウリ苗。
1サク隣には、長ネギが植わっています。


植え終わったら、支柱を立ててつるを絡ませます。
まっすぐ大きく伸びますように、と。



5月21日  曇りのち晴れ

苗上から半月後。
少し大きくなりましたが、下の葉が黄色くなってしまいました…。
病気でしょうか、それとも肥料不足、過多?少し心配です。



5月31日 曇りのちはれ

その約10日後。心配をよそに、ぐんぐんと大きくなってきました。


背が伸びたので、つるを支柱に沿わせます。
つるが傷まないように、ワラで縛ります。


そして今日は嬉しい発見!早くも、黄色い小さな花が咲き始めました。きゅうりの花です。
そしてすでに、小さなキュウリの形がっ!みなさん、わかりますか。


 夏が待ち遠しいですね。

畑日記 ~ヤマトイモ編③~

5月21日(月) 晴れ


ヤマトイモの「種イモ」を植えてから約1ヶ月。
細くてしなやかなツルが、するすると伸びて、こんなに大きくなりました。




大きめの葉が、太陽のエネルギーをたくさん吸収しているんですね。


雑草も増えてきたので、肥料を与え機械で『かんまし』作業を行います。



5月27日(月) 晴れ

そしてさらに一週間後。
天候にも恵まれて、こんなにたくさんの葉をつけました。

そしてツルも、まだまだ伸びます。順調に育っています!
背がのびるたびに、支柱やビニール紐へ絡めて倒れないように支えます。
見守っていてあげるから、しっかり伸びていくんだよ~。