2013年12月24日火曜日

関東郡代伊奈氏の200年小冊子第2弾、第3弾同時完成!

 このたび、AGC歴史調査団「関東郡代伊奈家の200年」研究班は、1年の研究成果をまとめた小冊子を2冊同時で完成することが出来ました。謹んでアップさせていただきますので、多くの市民の方にご覧いただければ幸いです。

「伊奈忠次・忠治父子の物語」「伊奈家頌徳碑文集」
 

 
*下記URLをクリックしてください。新しいホームページに飛びます。そこに各小冊子のアイコンがありますのでクリックしてください。ダウンロード、印刷もできます。
 
新井宿駅と地域まちづくり協議会の新ホームページ
 
 

 
 
 
 



 歴史調査団も2年目を迎えて最大のテーマに挑戦しました。「利根川東遷」は400年にわたる首都(江戸東京)の成立を決定づけた日本史上屈指の土木事業ですが、なぜか川口市民は知りません。伊奈家の本拠赤山領があった川口市にしてこれですから、全国でこの偉業を知る人は皆無といってよいでしょう。
 
羽生市川俣の会の川の締切地点。ここから利根川東遷は始まる
 
 
 調査団はこの理由を、このテーマは難しくてとっつきにくいからだと結論しました。色々な書籍資料がありますが、一読してわかるものがないからです。そこで東遷事業の背景を、事業の発案者&責任者&施工者であった伊奈忠次・忠治父子の生涯に沿って解説することにしました。
 
               伊奈忠次像        伊奈忠治像
 
 伊奈忠次は初代の関東郡代。徳川家康の絶大なる信頼の下、関東開発のグランドデザインを描き、その後の幕府の行財政の基礎を作りました。また、多くの治水事業、各地で殖産興業を奨励するなど関東農民から神仏のように扱われていたと言います。

水戸備前掘
 
 伊奈忠治は第3代関東郡代。父忠次の遺志を受け継ぎ、江戸時代最大の事業の利根川東遷に取り組みほぼ完成にこぎつけた偉人です。この事業によって江戸は水害を免れ、耕作可能地は拡大し(武蔵国だけで石高は倍増しました)、江戸と関東東北を結んだ巨大水運網は江戸の拡大と関東の諸産業の発展を招来しました。
 
忠治の築いた岡堰(取手市)
 
 
この2人の生涯に沿って難しい東遷事業、関東開発を説明することによってだいぶわかりやすくなったと自負しております。自由に閲覧し、印刷してもらって郷土の偉人の偉業を川口市民の口で語られることを念願します。
 
 
 各地に残る伊奈家を称える石碑の碑文を集めて掲載しました。漢文の碑文は拙いながらも翻訳に挑戦しました。おおよその意味は捉えていると思います。
特に、赤山源長寺にある伊奈家頌徳碑「朝散大夫備前権守伊奈氏碑名」は伊奈家の碑文としては最重要のものです。なぜかというと郡代伊奈家の当主自ら刻んだ伊奈家が受け継ぐ家訓を刻んだ碑文だからです。
源長寺の伊奈家頌徳碑
 
 朝散大夫(ちょうさんたいふ)とは従五位の漢名で備前権守とは初代忠次のことです。つまりこの碑文は伊奈家の基を開いた忠次の生涯・活躍を通じて伊奈家が代々受け継ぐべき掟を印した伊奈家の魂ともいえる遺蹟だったのです。碑文には忠次の縦横の活躍が活写され、生き生きとした人物像が浮かび上がってきます。郷土の偉人(伊奈町のひとですが)が身近に感じられるはずです。
赤山源長寺
 
 
あと、葛西用水元圦跡の碑や野良坊菜の碑などの碑文も掲載し、今まで全く知らなかった歴史を知れると思います。付録には「関東郡代伊奈家の200年」年表、系図、丸山陣屋絵図(伊奈町観光協会からご提供いただきました)も載せています。
 
これで関東郡代伊奈氏の200年研究班の残る研究テーマも
 
葛西用水、中山道伝馬騒動&江戸打ち壊しの収拾、赤山領と赤山陣屋の3つになりました。できれば来年中に3つとも仕上げてアップしたいと思います。それで通史としての伊奈家の研究も完成となりますので、来年は益々活発に活動していきますのでよろしくお願いします。
 
今年はこれで、皆さんよいお年を。
 
歴史調査団「関東郡代伊奈家の200年」研究班

2013年12月11日水曜日

12月8日のミニフェスタ報告

12月8日日曜日。今年最後のイベント「新井宿ミニフェスタ」が行われました。風もない穏やかな天気の中、のんびりと始まりのんびりと終わりました。

クリスマスらしくしようとツリーに飾りつけをする
 
年間スケジュールで開催が決まっていたものの、年末のこの時期に何をやろうかまで決めていなかった。あまり積極的な意見も出ないまま「まぁ、力を入れずみんなで楽しむ。」「ちょっとクリスマスっぽくしたい」という最初からお疲れさん会的な雰囲気だった。その辺がちらしの内容にも現れていて痛い。
 
新井宿ミニフェスタ2013年12月8日(日) 
10:00~14:00
 
雨天決行

会場:SR新井宿駅隣消防団車庫
新鮮かみね野菜の販売
大根、やつがしら、ねぎ、白菜、山東菜等。

かみね農花による花と野菜苗の販売
シクラメン、ポインセチア、パンジー等。

旬の食ブース
協議会創作料理
 (ほっと汁、サトイモ創作料理、玉コン、ボウフウかきあげ等。)
中ばしオリジナル和菓子販売、勝パン



 
まぁ野菜はうちの看板だからクリスマスだろうと七五三だろうといつでも出すとして。シクラメンやポインセチアはクリスマスらしくていいけども。
しかし。

ケーキがないでしょ!ケーキがぁ!(バン!バン!)*小木曽次長

やっぱりクリスマスって言ったらこれがなきゃ。心が浮き立たないはずだ!

そんなやるせなさを抱えて始まったミニフェスタですが、季節感とは関係なしに野菜はバンバン売れました。
10月の大フェスタの時とは違い量も種類も豊富。やっぱり野菜はこの時期だなぁ
 
 
 
開店1時間ぐらいは結構お客さんが来る。初期のころとは違い物珍しさではなく目的買いが多い。おなじみになっている。

飲食ブースは豚汁、かき揚げ、玉こんなどが人気。クリスマスなんて関係ない
 
今回もかつパンが登場し大量に持ってきましたが結構売れ残りました。しかしその後お店の方で販売し完売したようです。僕も買いましたが、あの甘辛いソースがたまらんのですよねぇ。

 
 かつパン。サンプル画像
写真
かつパンを食すかつパンマン。ダメでしょ、商品に手を付けちゃ!
終始閑散としていて、ほのぼのしているうちに終了
 
とにかく、これで一年の行事はすべて終了しました。今年はいろいろあったなぁ。来年はどうなることやら。では、皆さん来年もよろしく!よいお年を!
 
以上。


2013年12月6日金曜日

桜町の名店、中ばしさんがご当地商品を開発

桜町にある和菓子の老舗「中ばし」さんが、このたびご当地特産のヤツガシラを使った和菓子を開発しました。
 
その名も「縄文まんじゅう」
そしてもう一つ「縄文栗きんとん」です。

 
縄文栗きんとん。ヤツガシラで作ったきんとんの上に栗が乗っている
縄文まんじゅう。やつがしらの餡で作ったお饅頭
 
中ばしさんと言えば、目出し開運どらやきやソース焼きまんじゅうなど数々のご当地商品を手掛けてきたことでも有名ですが、このたびAGC(新井宿まちづくり協議会)とのコラボレーション企画として、AGC会員農家が栽培しているやつがしらを使用した和菓子の製作を進めてきました。
 
縄文の土で育ったヤツガシラ
 
ヤツガシラで作った餡はクセがなくあっさりしていておいしい。試食も好評でした。新井宿ではヤツガシラと言えばお正月に食べる縁起物。お茶席はもちろん、節句やお供え物。お祝いの品としてぴったりだと言えます。
ただ、ヤツガシラは冬しか採れないので季節限定商品になります。お問い合わせは下記までお願いします。
 
「中ばし」
川口市桜町2-5-16
048-282-1425
 
 



縄文栗きんとん
縄文まんじゅう
 
中ばしさんは先代の御主人が日本橋の和菓子店「中ばし」からのれん分けしてもらって44年前に当地で開店したそうです。あんこやお団子がおいしいというのは有名ですが、昔からご当地商品の開発にも力を入れてきたそうです。
 
 ご当地商品の一つであるソース焼きまんじゅうの製造風景
 
 
豆大福の製造風景
 鳩ヶ谷のご当地商品も揃えている
 

おせんべいも豊富
 2代目御主人と奥さん。AGC協力店として駅前フェスタには常に出店してくれている。
街を盛り上げようと商品開発にイベントにと協力を惜しまない姿勢には感謝です。皆さんで応援しましょう!

以上。
 

 
 

 


2013年11月29日金曜日

近況3件

 

児童書の出版社さんが取材に

11月15日、当会のIさんの畑にとある児童書出版社さんの編集の方と絵本作家の先生がきました。なんでもこれから書く絵本の題材に収穫したヤツガシラを見せてほしいとのことでした。

畑に着くと早速収穫風景を見学
掘り出したヤツガシラを見せてもらう

 近所の子供たちもお手伝い。楽しそう。
収穫したヤツガシラ
 
 絵本作家の先生は野菜を題材とした絵本を描いていて、スーパーで見かけるものではなく、畑で育つ生きた野菜の魅力を伝えたいとのことでした。さて、どんな絵本が出来ますか?とっても楽しみです。
 

後日送られてきたお礼のお手紙と先生の著作。
 

きゅぽらんがAGCテイストのイラストに

先日、ジャパンの前を歩いていて、ふと足元を見たらこんなものが!

 あきらかに当会ホームページや新井宿マップテイストのイラストときゅぽらんがコラボしている。
 グリーンセンターまでの道に案内標識として100mごとに張り出したそうです。じつは市の産業振興課からイラスト使用の問い合わせがあり、どんなものになるか楽しみにしていたものです。同じく源長寺への行程にもちょっと違うバージョンで貼ってありますので、興味のある方は探してみてください。
 
 おなじく6月に設置された富士見二重坂の看板。だんだん街がAGCテイストに染められていくようです。
 

紅葉が真っ盛り

新井宿周辺は緑が多いので、今の季節は紅葉・黄葉が真っ盛りです。ちょっとですがお伝えします。
 
*画像をクリックすると拡大して見られます
 グリーンセンターの第一駐車場。安行寒桜の紅葉。駐車場がオレンジに染まっている
 

 根岸の妙蔵寺。市の指定保存樹木の大銀杏。
 
 銀杏ともみじと山門。物凄くきれい。銀杏がすごい勢いで葉を落としているので、そろそろ見頃も終わりですね。


以上近況でした。

2013年11月20日水曜日

伊奈忠次・忠治父子の事跡を巡るバスツアー報告

 11月17日(日)快晴の中、第2回AGC「関東郡代伊奈氏の200年」研究シリーズの記念イベント「水を治め、水を利するー伊奈忠次・忠治父子の事跡を巡る」バスツアーを実施しました。
 
 400年前の大事業、利根川東遷と忠次ゆかりの水戸を巡る旅は、工事のスケールと今なお恩恵をもたらしている不朽性を実感できた意義ある旅となりました。参加された方々も最後まで事故なく熱心に見学していただき、ご協力いただきましたことを主催者として感謝申し上げます。

以下当日の報告です。

7:30、快晴の朝を迎え、新井宿駅ロータリーにバスが到着。

53人乗り大型バス。今回も地元のバス会社「協同自動車興業」さんを利用させていただく 。
 8:00、集合完了し出発。口々に今年は晴れてよかったね。と嬉しそう。去年は大変でしたからね。
 9:00、千葉県野田市関宿城博物館に到着。
 関宿城博物館は利根川江戸川分岐点のスーパー堤防上にあるお城の博物館です。利根川東遷で利根川水運の要地となった関宿藩は代々徳川譜代大名が治めました。中期以降は久世氏が治め明治に至る。
 いよいよ入城
 この関宿城博物館はおもに利根川東遷史、利根川水運史、関宿藩の歴史からなっており、利根川東遷を学ぶ今回のツアーにとっては欠くことのできない見学場所です。
 400年前の大工事、それに続く水運や河岸の繁栄の展示に感嘆する。川口では見られない展示です。
 最上階は展望台になっており、四方の眺望がすばらしい。真冬になると西側には富士山が見えるとか。
 最上階から見える利根川・江戸川分岐点。赤堀川は渡良瀬川・常陸川分水嶺を掘り、常陸川は25キロ下流の鬼怒川合流部まで浚渫、逆川は南の権現堂川・江戸川のその当時の利根川本流から北(逆)に掘って赤堀川につなげた。この広大な光景が今から400年前に造られた人口の景色だとはとても信じられない。関宿は利根川大動脈をつなぐ最重要ポイントであり、難工事が集中した場所でもある。ここで地元農民、関宿藩、そして伊奈氏が一緒になって工事したのだなぁと感慨にふける。

 江戸時代この辺りを多くの船が行き交っていたという。壮観な眺めに感動。

 一行は関宿城を後にし、茨城県つくばみらい市の福岡堰さくら公園に向かう。福岡堰のある小貝川は江戸時代まではその少し下流の寺畑で鬼怒川と合流し、下流域を氾濫地帯として広大な湿原を形成していました。1621年、伊奈忠治がこの地に陣屋を構え、鬼怒川・小貝川の分離工事に着手します。後世、「この工事が人力でなされたとは到底思い難い」と評された大工事になりました。

 11:00、福岡堰さくら公園に到着。
 福岡堰の畔にある伊奈神社を訪れる。
  この伊奈神社は福岡堰を見下ろす高台にあり、祭神は伊奈半十郎忠治。1941(昭和16)年4月18日の建立。 関東郡代として、福岡堰をはじめとする治水事業に取り組み、谷原領開発に功績のあった伊奈忠治公を偲んで建立されました。 例祭は毎年4月18日で例祭を行った後、福岡堰からの取水を開始する。 当地では今なお恩人として扱われていることに心打たれる。
 ふかふかの腐葉土の上を歩く。静寂で厳かな雰囲気。
 伊奈神社の社殿。
  ツアーを代表して鈴木会長が松の枝を奉納。この松は地元赤山陣屋に植えられている松から採ったもの。かつての赤山陣屋は松の木が最も多く植えられていたということで持ってくることにしました。忠治公の作った赤山陣屋から忠治公を恩人としてまつる伊奈神社に感謝のしるしとして奉納させていただきました。管理している福岡堰土地改良区の方々、勝手にこんなことしてすみません。
 会長に続いて参拝する。
 農閑期なので堰を開いて渇水状態の福岡堰。現在の福岡堰は昭和47年に完成したもので、岡堰、豊田堰とともに関東三大堰の一つに数えられます。 貯水量は275万トン、下流域の水田を潤す用水源となっています。
 水が堰き止められていないのでわからないかもしれませんが、満々と水を湛えた福岡堰は迫力があります。
以下2枚はその時の福岡堰。
堰を締め切って貯水している。
 小貝川にはこの下流にも岡堰、豊田堰という堰があります。もちろん伊奈氏が造ったもの。3つ合わせて関東3大堰といいい、今も谷和原領(つくばみらい市)3万石、相馬領(取手市)2万石を潤しています。いかに伊奈氏がこの地の開発に尽力したかわかります。ちなみに5万石という土地開発のスケールはどのくらいかというと、江戸時代の川口市の石高が19,500石だったのでその2.5倍。広大な土地が湿地帯だったんですね。
 福岡堰の由来が書いてある案内板。かつての堰は少し上流で山田沼堰と言いました。
 取水口から用水路に沿って歩く皆さん。春には桜の名所だそうです。

福岡堰を後にして昼食場所のシャトーカミヤに向かう。途中のつくば市から牛久市をつなぐ国道408号線の銀杏並木の黄葉に感激する。

12:10、牛久市のシャトーカミヤに到着。
シャトーカミヤは1903年神谷傳兵衛が創業した葡萄酒醸造工場。本館は震災で修復工事中ですが、ミュージアム、ワインセラー、レストランなどが営業中。

 少し時間があったので「オエノンミュージアム」を見学。
 レストラン「ラ・テラス・ドゥ・オエノン」で昼食。
 地ビール、ワインを片手に舌鼓。
 予定にはありませんでしたが、希望によりお土産屋に寄ることにしました。

15:15、シャトーカミヤを後にして常磐道に乗り、水戸備前掘りに到着。
 バスを降りて備前掘りを歩く。備前掘りは水戸新八景に指定されている風光明媚な所です。毎年8月に灯篭流しが盛大に行われるという。ぜひ見てみたい。
 道明橋にある伊奈備前守忠次公の像に到着。
  備前掘りは千波湖から流れ出る桜川から取水し、大洗町との境界にある涸沼川に注ぐ全長13kmの農業用水路です。慶長15年(1610)に水戸藩初代藩主徳川頼房の命で、幕府の関東郡代伊奈備前守忠次により造られたもので、水戸下市地区やその下流にある常澄地区の農業用水が不足するのを解消することと、当時は現在に3.8倍ほどの大きさだった千波湖の大雨時の洪水被害対策のためである。とあります。
 1602年関ヶ原の戦い後、この地を支配していた佐竹義宣が秋田に転封されると、忠次は旧佐竹領の検地など仕置きをして成立間もない水戸藩の藩政に寄与する。この頃の忠次は家康の名代として各地の幕領、藩領のコンサルタント的な仕事もしていたようです。
 備前掘りの由来を記した石碑。ここでも恩人なんだなぁ。

15:45、千波湖西側駐車場。

 水戸まで来たらここに寄らないわけにいかないでしょ。というわけで偕楽園の千波湖西側駐車場に到着。偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三公園」のひとつで、天保13年(1842年)に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。斉昭は、千波湖に臨む七面山を切り開き、領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願い、「偕楽園」をつくりました。とあります。
 もう日が傾いている中、偕楽橋を渡って偕楽園に。
 仙奕台(せんえきだい)から絶景を望む。来てよかった。
 有名な好文亭に入る。入場料190円。
 各部屋に豪華絢爛の障子絵が描かれている。素晴らしい!
 ものすごく凝った造りに感嘆。
3 階の楽寿楼(らくじゅろう)からの眺め。千波湖が美しい。
 庭園を見下ろす。
 まもなく日の入りの図。夕日が美しい。夕方に来て正解だった。
 たそがれの千波湖畔。想い思いに過ごす人々。湖周をジョギング、散歩する人が多い。
 湖辺の灯がともり、湖面に映し出されて何とも綺麗です。
 すべての行程を終えて帰路に着くと思いきや、希望により水戸ドライブインひたち野里に寄る。皆さん買い物に精を出す。これだけお客さんを連れてくるんだからバックマージンが欲しいくらいです。
帰りは渋滞に巻き込まれてぐったりの様子。旅の感想などを述べ合い帰途に着きました。
  

第2回のバスツアーはお天気に恵まれて無事故、好評に終えることが出来ました。参加者の皆さんお疲れ様でした。来年はどこに行くのか?東京か?葛西用水か?はたまた全く違うところか?まだ決めていませんが、再び川口の知られざる歴史を辿れるように準備してまいりますので、来年もまたよろしくお願いします。

以上報告でした。