2013年4月22日月曜日

新井宿フェスタ(4/21)、開催しました!

昨日(4月21日)、新井宿フェスタを開催しました。オープン時間の朝10時は、大雨と強風でしたが傘をさしてお客様がたくさん来てくださいました。


全体的に来場者数は普段の半分以下となりましたが、それでも300人以上は会場に足を運んで下さったようで、人気の農家の野菜や食ブースでは完売したものも多数ありました!


「この日を待っていたわ!」という地元の方の心温まる言葉に励まされながら、メンバーみんなで雨にも負けず風にも負けず、声を出して販売します。



会場には、地元の名産、ボウフウやアイスプラントはもちろんのこと、旬の採りたてタケノコや、ふき、たらの芽、


泥つきのネギ、太く大きなウド、ほうれん草、大根、手作りウコン粉末、梅干し、


いちご農園のいちごや、みずみずしいトマトなど、かみね産の新鮮野菜がたくさん並びました。



そして花の生産者も、今から夏にかけて楽しめる花や通年育てられる苗や鉢ものなどを販売し、沿道は華やかな雰囲気になりました!

 
なんと会場には、こんな演出も!(クレーンを自由自在に操るメンバーの姿)
 
 
飾られたのは、ペチュニアやパンジーなどの花壇。生産者ならではの演出です。
 

旬の野菜や地元の食材を使った食ブースでは、タケノコご飯や玉こんにゃく、あつーい豚汁などをご用意しました。



心と体にじ~んとしみわたる、あったかいくて優しい味がしました。


また、今回は地元の飲食店や和菓子屋さんの協力出店もありました。


柏餅(コイノボリにちなんで!?)、お赤飯、カツサンドも好評で、「売切れ御礼」となりました。


もちろん、今回も協議会メンバーが開発した食メニューも出店しました。中にはあんこが、た~っぷり入った御饅頭と、ボウフウをつかったお焼きです!

 

消防団車庫の中では、かみねの農花が大切に育てた花で「草木染め体験」をおこないました。


花のもうひとつの楽しみ方を知り、花や植物がより身近に感じられるようになったとの嬉しい声もいただきました。


会場には、草木染め研究部のメンバーでつくった試作品も展示しました。左から、ローズマリー、梅、タンポポ、シナモン、シャクナゲ(赤)、シャクナゲ(ピンク)です。



「新井宿フェスタ」、次回は6月2日(日)の開催です!
どうぞお楽しみに。

0 件のコメント: