2013年12月24日火曜日

関東郡代伊奈氏の200年小冊子第2弾、第3弾同時完成!

 このたび、AGC歴史調査団「関東郡代伊奈家の200年」研究班は、1年の研究成果をまとめた小冊子を2冊同時で完成することが出来ました。謹んでアップさせていただきますので、多くの市民の方にご覧いただければ幸いです。

「伊奈忠次・忠治父子の物語」「伊奈家頌徳碑文集」
 

 
*下記URLをクリックしてください。新しいホームページに飛びます。そこに各小冊子のアイコンがありますのでクリックしてください。ダウンロード、印刷もできます。
 
新井宿駅と地域まちづくり協議会の新ホームページ
 
 

 
 
 
 



 歴史調査団も2年目を迎えて最大のテーマに挑戦しました。「利根川東遷」は400年にわたる首都(江戸東京)の成立を決定づけた日本史上屈指の土木事業ですが、なぜか川口市民は知りません。伊奈家の本拠赤山領があった川口市にしてこれですから、全国でこの偉業を知る人は皆無といってよいでしょう。
 
羽生市川俣の会の川の締切地点。ここから利根川東遷は始まる
 
 
 調査団はこの理由を、このテーマは難しくてとっつきにくいからだと結論しました。色々な書籍資料がありますが、一読してわかるものがないからです。そこで東遷事業の背景を、事業の発案者&責任者&施工者であった伊奈忠次・忠治父子の生涯に沿って解説することにしました。
 
               伊奈忠次像        伊奈忠治像
 
 伊奈忠次は初代の関東郡代。徳川家康の絶大なる信頼の下、関東開発のグランドデザインを描き、その後の幕府の行財政の基礎を作りました。また、多くの治水事業、各地で殖産興業を奨励するなど関東農民から神仏のように扱われていたと言います。

水戸備前掘
 
 伊奈忠治は第3代関東郡代。父忠次の遺志を受け継ぎ、江戸時代最大の事業の利根川東遷に取り組みほぼ完成にこぎつけた偉人です。この事業によって江戸は水害を免れ、耕作可能地は拡大し(武蔵国だけで石高は倍増しました)、江戸と関東東北を結んだ巨大水運網は江戸の拡大と関東の諸産業の発展を招来しました。
 
忠治の築いた岡堰(取手市)
 
 
この2人の生涯に沿って難しい東遷事業、関東開発を説明することによってだいぶわかりやすくなったと自負しております。自由に閲覧し、印刷してもらって郷土の偉人の偉業を川口市民の口で語られることを念願します。
 
 
 各地に残る伊奈家を称える石碑の碑文を集めて掲載しました。漢文の碑文は拙いながらも翻訳に挑戦しました。おおよその意味は捉えていると思います。
特に、赤山源長寺にある伊奈家頌徳碑「朝散大夫備前権守伊奈氏碑名」は伊奈家の碑文としては最重要のものです。なぜかというと郡代伊奈家の当主自ら刻んだ伊奈家が受け継ぐ家訓を刻んだ碑文だからです。
源長寺の伊奈家頌徳碑
 
 朝散大夫(ちょうさんたいふ)とは従五位の漢名で備前権守とは初代忠次のことです。つまりこの碑文は伊奈家の基を開いた忠次の生涯・活躍を通じて伊奈家が代々受け継ぐべき掟を印した伊奈家の魂ともいえる遺蹟だったのです。碑文には忠次の縦横の活躍が活写され、生き生きとした人物像が浮かび上がってきます。郷土の偉人(伊奈町のひとですが)が身近に感じられるはずです。
赤山源長寺
 
 
あと、葛西用水元圦跡の碑や野良坊菜の碑などの碑文も掲載し、今まで全く知らなかった歴史を知れると思います。付録には「関東郡代伊奈家の200年」年表、系図、丸山陣屋絵図(伊奈町観光協会からご提供いただきました)も載せています。
 
これで関東郡代伊奈氏の200年研究班の残る研究テーマも
 
葛西用水、中山道伝馬騒動&江戸打ち壊しの収拾、赤山領と赤山陣屋の3つになりました。できれば来年中に3つとも仕上げてアップしたいと思います。それで通史としての伊奈家の研究も完成となりますので、来年は益々活発に活動していきますのでよろしくお願いします。
 
今年はこれで、皆さんよいお年を。
 
歴史調査団「関東郡代伊奈家の200年」研究班

2013年12月11日水曜日

12月8日のミニフェスタ報告

12月8日日曜日。今年最後のイベント「新井宿ミニフェスタ」が行われました。風もない穏やかな天気の中、のんびりと始まりのんびりと終わりました。

クリスマスらしくしようとツリーに飾りつけをする
 
年間スケジュールで開催が決まっていたものの、年末のこの時期に何をやろうかまで決めていなかった。あまり積極的な意見も出ないまま「まぁ、力を入れずみんなで楽しむ。」「ちょっとクリスマスっぽくしたい」という最初からお疲れさん会的な雰囲気だった。その辺がちらしの内容にも現れていて痛い。
 
新井宿ミニフェスタ2013年12月8日(日) 
10:00~14:00
 
雨天決行

会場:SR新井宿駅隣消防団車庫
新鮮かみね野菜の販売
大根、やつがしら、ねぎ、白菜、山東菜等。

かみね農花による花と野菜苗の販売
シクラメン、ポインセチア、パンジー等。

旬の食ブース
協議会創作料理
 (ほっと汁、サトイモ創作料理、玉コン、ボウフウかきあげ等。)
中ばしオリジナル和菓子販売、勝パン



 
まぁ野菜はうちの看板だからクリスマスだろうと七五三だろうといつでも出すとして。シクラメンやポインセチアはクリスマスらしくていいけども。
しかし。

ケーキがないでしょ!ケーキがぁ!(バン!バン!)*小木曽次長

やっぱりクリスマスって言ったらこれがなきゃ。心が浮き立たないはずだ!

そんなやるせなさを抱えて始まったミニフェスタですが、季節感とは関係なしに野菜はバンバン売れました。
10月の大フェスタの時とは違い量も種類も豊富。やっぱり野菜はこの時期だなぁ
 
 
 
開店1時間ぐらいは結構お客さんが来る。初期のころとは違い物珍しさではなく目的買いが多い。おなじみになっている。

飲食ブースは豚汁、かき揚げ、玉こんなどが人気。クリスマスなんて関係ない
 
今回もかつパンが登場し大量に持ってきましたが結構売れ残りました。しかしその後お店の方で販売し完売したようです。僕も買いましたが、あの甘辛いソースがたまらんのですよねぇ。

 
 かつパン。サンプル画像
写真
かつパンを食すかつパンマン。ダメでしょ、商品に手を付けちゃ!
終始閑散としていて、ほのぼのしているうちに終了
 
とにかく、これで一年の行事はすべて終了しました。今年はいろいろあったなぁ。来年はどうなることやら。では、皆さん来年もよろしく!よいお年を!
 
以上。


2013年12月6日金曜日

桜町の名店、中ばしさんがご当地商品を開発

桜町にある和菓子の老舗「中ばし」さんが、このたびご当地特産のヤツガシラを使った和菓子を開発しました。
 
その名も「縄文まんじゅう」
そしてもう一つ「縄文栗きんとん」です。

 
縄文栗きんとん。ヤツガシラで作ったきんとんの上に栗が乗っている
縄文まんじゅう。やつがしらの餡で作ったお饅頭
 
中ばしさんと言えば、目出し開運どらやきやソース焼きまんじゅうなど数々のご当地商品を手掛けてきたことでも有名ですが、このたびAGC(新井宿まちづくり協議会)とのコラボレーション企画として、AGC会員農家が栽培しているやつがしらを使用した和菓子の製作を進めてきました。
 
縄文の土で育ったヤツガシラ
 
ヤツガシラで作った餡はクセがなくあっさりしていておいしい。試食も好評でした。新井宿ではヤツガシラと言えばお正月に食べる縁起物。お茶席はもちろん、節句やお供え物。お祝いの品としてぴったりだと言えます。
ただ、ヤツガシラは冬しか採れないので季節限定商品になります。お問い合わせは下記までお願いします。
 
「中ばし」
川口市桜町2-5-16
048-282-1425
 
 



縄文栗きんとん
縄文まんじゅう
 
中ばしさんは先代の御主人が日本橋の和菓子店「中ばし」からのれん分けしてもらって44年前に当地で開店したそうです。あんこやお団子がおいしいというのは有名ですが、昔からご当地商品の開発にも力を入れてきたそうです。
 
 ご当地商品の一つであるソース焼きまんじゅうの製造風景
 
 
豆大福の製造風景
 鳩ヶ谷のご当地商品も揃えている
 

おせんべいも豊富
 2代目御主人と奥さん。AGC協力店として駅前フェスタには常に出店してくれている。
街を盛り上げようと商品開発にイベントにと協力を惜しまない姿勢には感謝です。皆さんで応援しましょう!

以上。