2014年3月28日金曜日

龍神伝説の謎に挑む~関東郡代伊奈氏の200年


不思議な石仏
 
                 

                   伊奈家墓所にある聖観音の石仏
 
 川口市の赤山にある源長寺の伊奈家墓所には不思議な石仏がある。目を閉じ左手に蓮の花を持つ、たおやかな聖観音。向かって右に戒名が、左におそらく命日が刻まれている。雲晴院殿叡誉妙喜大娘、万治2年2月5日。

これは誰を供養したものだろう?万治2年は西暦1659年。戒名に“大娘”とある。当時女性は13歳からは大人の女性だったので、その場合“信女”とか、偉い人の場合“大姉”と書かれる。したがってこの人は少女のはずである。そして、ここは伊奈家当主達の墓所なので、ここに祀られているとすれば当然当主の家族ということになる。万治2年の当主と言えば4代目関東郡代の伊奈忠克(ただかつ)。この少女は忠克の娘だったのだろうか?記録には忠克は正室を置かず、嫡男忠常も杉浦何某という人に嫁いだ娘も妾腹だったという。記録にはないがこの少女もその一人だろうか。

何より不思議なことはこの石仏の裏に延享元年11月に伊奈忠逵ただみち(第8代)・忠辰ただとき(第9代)親子がこれを立てたと彫られていることだ。延享元年というと西暦1744年。なぜこの二人は85年前の少女のために石仏を立てたのだろう?

龍神伝説

ある春の暖かい日、伊奈の御姫様が陣屋の裏手にある大きな沼(北側の沼)でひとり、舟に乗って遊んでいました。すると突然、空がかき曇り、真っ黒な雲が天を覆い、大きな雷鳴とともにまぶしく輝く稲妻がお姫様の上に落ちました。その瞬間それはそれは大きな龍が逆巻く沼の水の中を雷鳴とどろく大空に向かって、一直線に舞い上がっていったそうです。そして気が付くと姫がいなくなっていた。

茫然となって眺めていた伊奈の殿様も、我に返って直ちに家来に命じてお姫様を探させましたが、残念なことにその姿を見つけ出すことはできませんでした。

         

         

  


それから何日かたった頃、沼のほとりの竹藪の中で、村人がよく白蛇を見かけるようになりました。それはそれは美しい蛇だったそうです。村人たちは、この白蛇を龍にさらわれたお姫様の化身と考え、大切にするとともに沼のある竹藪の中に立派な祠を建てて、お姫様の霊を祀りました。この祠は赤山の鬱蒼とした竹藪の中で代々守り継がれてきました。今でも水神様と呼ばれて石の祠として残っています

 
             

              赤山陣屋の二の丸にある水神祠
 

伝説の沼

  


西から沼を望む。水深はかなりあったろう。谷の向かいは御陣山

  

伝説の舞台になったのは赤山陣屋の北側の出丸(御陣山)を囲むようにあった沼である。下図と写真を見ればわかるとおりかなりの大きさがあり、深さも多いときで4~5メートルはあったと思われる。伝説のような超常現象が何だったのかはさておき、この沼で伊奈家当主の御姫様が行方不明になった。しかしあまりに異常な現象だったために龍神伝説が作られた。とは考えられないだろうか?
 

      


          沼の地図。出丸(御陣山)囲んでいる

 

この沼は赤山陣屋創建(1618年)からしばらくはあったが、その後農地開発によりだんだんと姿を消していった。新編武蔵風土記稿(1830年)によると、この沼があった赤芝新田はもとは赤山陣屋の内とされていたが、開発により正徳4年(1714年)に伊奈半左衛門(忠逵)の検地を受けて村となったとある。少なくともそれ以前は沼があっただろう。龍神伝説は正徳4年(1714年)より前の話ということになる。その後も開発が進むごとに寛保4年(1744年)と天明4年(1784年)にそれぞれ忠逵、忠尊の検地を受けている。おそらくその過程で沼は埋め立てられていったと思われる。

伝説の真相と石仏



       
伊奈家墓所


 すこし時系列を整理してみる。まず石仏の命日は1659年。沼の開発が始まって最初の検地を受けたのは1714年。2回目が1744年。この2回とも忠逵が行っている。そして忠逵・忠辰が石仏を立てたのが1744年の11月だ。この2回目の検地と石仏の建立が同じ年。寛保は2月21日(グレゴリオ暦で4月3日)に延享に改元しているので検地は春に行われたはず。そしてその年の11月に石仏が建てられた。

第4代関東郡代の伊奈忠克は赤山陣屋に妾とその娘を住まわせていた。娘の名は“叡”(えい)という。えいはおてんばでよく笑い、笑顔のかわいい子だった。明暦の大火(1657年)で常盤橋御門の役宅が焼けて、馬喰町に新たに役所地を賜ったとはいえ、関東開発の仕上げに掛かっている忠克は赤山で執務を取ることが多かった。
 
 
赤山陣屋
 
万治2年のある春の暖かい日。えいがいつものように沼で一人舟遊びをしていると、急に真っ黒な雲が空を覆い雷鳴とともに落雷や猛烈な突風といった異常な気象現象が起きた。おさまって沼を見ると船だけが残され、そこにえいの姿はなかった。あわてた忠克が捜索を命じたがえいの行方はようとして知れなかった。このことは伊奈家中では事実として伝えられてきたが異常な失踪なので墓も立てず供養されることもなかった。

それから85年後。
寛保4年2月。忠逵の名代で忠辰が赤芝新田の2回目の検地を行った時のこと。開発中の沼底から子供の遺骨が発見された。かつてこの沼で入水自殺をした者はいない。そして神隠し(行方不明)とされた村の子供もいない。思い当たるのはただ一人。“この遺骨は叡姫に違いない”そう確信した忠辰は養父忠逵と相談の上この遺骨を叡姫として供養した。そして延享と改元した同年11月。あらためて聖観音の石仏を立てて父忠克の側に弔った。
 
    
伊奈家菩提寺源長寺
 
忠逵・忠辰父子の心遣い
上記は想像でしかないが、忠逵・忠辰の親子(養父養子だが)が85年前の少女に憐憫をかけ、心を込めて仏を造ったことは間違いない。遠い昔に幼い姫がいた。賢く、よく笑うかわいい子だった。不運な死に方をして死後も弔われることがなかった。せめて父上のそばに置いてあげたい。そのように思ったのだろう。  
伊奈家は代々優しい人が多かったというが、この忠逵・忠辰親子もその優しい心根がこの石仏から想像することができる。歴史は記録や遺跡から事実を明らかにしていくが、私はその時の当事者たちの胸中に思いを馳せることの方により意義を感じている。ちなみに万治2年2月5日はグレゴリオ暦(西暦)に直すと1659年3月27日なのである。“ある春の暖かい日”だったのだろう。雲晴院というのも竜神伝説を想像させられる。
 
3月27日
 
関東郡代伊奈氏の200年研究班
 
龍神伝説続報!

龍神伝説の謎に挑むその2~関東郡代伊奈氏の2
http://araijyuku.blogspot.jp/2014/07/blog-post_13.html
*上のURLをクリックしてください

2014年3月18日火曜日

珍百景~あれから~

皆さんは覚えているだろうか。かつて大反響を巻き起こした彼らのことを。あれから2年。久しぶりに会いたくなったのでカメラを持って出かけることにした。
 
まずは2年前にデビューした生首たち。2年たってどれくらい成長したのか?生首3年柿8年というが。
 
デビュー当時の生首新世代。左からあつし、かずむね、Kよ。
 
 グリーンセンター北の交差点から大徳寺に向かう裏道に入る。
 
いた!大成長している!見違えるようだ。
 
2年でこれだけ成長するとは。どこでどんな修業をしたのだろう?しかし仲間が増えていないのは残念なこと。先輩たちには素敵な仲間がいたのに。
 
前の世代のスター達。当時は賑やかだった。
 
 
 
自信に満ち溢れた横顔。新しい仲間はもう少し待ってほしい。
 
ここの地主は当会のメンバーなので仲間は増やさないのか聞いてみると「ん~ん~」と首を傾けていた。自分でもどうしたらいいかわからないのか?とにかく当会としては仲間を増やすように申し入れをした。
 
*かつての記事
生首の鳥避け
 
生首リニューアル
 
 
生首をあとにしてすぐ近くの園芸センターヤマオカに向かう。羊たちは開発の余波を受けて移転を余儀なくされたとの噂だが。
 
 
のんびりと佇むかつての羊たち

現地に行くとやはり工事をしていた。
 

 なんでもファ〇リーマートになるとのこと。上の階はマンションか?

 
かつてのヤギ・羊牧場
 
はたして彼らはどこに行ったのか?といいながら園芸センターヤマオカもよく知っているのではじめから承知しているのだが。
じつは羊は通称北牧場にいる。もともと牧場は南北2か所あり、南から北に移動しただけなのだ。神根公民館の信号を右に曲がるとそれはある。
 
いた!無事だったか、おまえら!

感動の再開。脱落者はいないようだ。

 
チビも何匹かいる。最近生まれたのか?
長老の?ヤギ。なぜかこいつだけ繋がれている。気性が荒いのかもしれない。
やっぱ羊は(ヤギも)いいねぇ。
 
羊牧場は近所の神根小学校の児童たちの癒しの場になっている。子供たちのためにも頑張って続けてもらいたい。身近に花や動物とのふれあいが出来るのが神根のよいところなのだから。
 
*かつての記事
 
園芸センターヤマオカの羊
 
 
 

2014年3月13日木曜日

NHKBSプレミアム新日本風土記で赤山陣屋の会を紹介

NHKBSプレミアム「新日本風土記」
~埼玉 武蔵野みどりの国~
3月14日21:00~21:59放送
*再放送は3月19日8:00~

新日本風土記トップページ
http://www.nhk.or.jp/fudoki/index.html


内容
東京のベッドタウン埼玉に、樹木をいつくしむ独特の文化が息づく地域がある。
ひとつは、大宮・盆栽村。大正時代の末、“理想の盆栽郷”を求め、盆栽師たちが移住し作られたまちには、小さな鉢の中に雄大な自然を再現する高度な技が伝えられる。また、子供からお年寄りまでが盆栽を楽しみ、木の持つ生命力にこころを癒され暮らしている。もうひとつは、江戸時代から農家の副業として植木の栽培が盛んになった川口市安行(あんぎょう)地区。毎週、植木専門の市も開かれ、松やヒバなどの庭木から色とりどりの草花まで数多くの品種が揃う。出荷した先でも健やかに育つよう、ていねいに根の手入れする職人や、江戸時代から伝わる品種を交配させ、より美しい色・形のモミジを追求する人など、独自の技と心が受け継がれている。樹木の生長がおさまり、剪定や植え替えなど手入れに忙しくなる秋から冬にかけ、盆栽と植木をいつくしみ育てる人びとの物語を紡ぐ。

この中で赤山陣屋の会の活動が紹介されますのでBSをご覧になれる方はぜひ視聴してください。


赤山陣屋の会HP
http://www.akayama-jinya.net/

2014年3月9日日曜日

秋元園芸さんを訪問

 去る2月26日。当会会員である秋元園芸さんにお邪魔してきました。いや本当にお邪魔だったかもしれませんが。
 このたびの訪問は何も理由がなかったわけではなく、じつは当会の事務局メンバーで多大な貢献をしてくれたメンバーがこの春遠方へ引っ越してしまうので、AGCらしいプレゼントを探しに来たのでした。それは小品盆栽というものです。
 
 小品盆栽とは?
 
小さな鉢に壮大な自然の景観を凝縮させるミニ盆栽。季節が織りなす美しい変化は大きな盆栽に引けを取らない。何より手のひらサイズなので枝や根の手入れがしやすく、お小遣い程度で購入できる手軽さが魅力です。
 
小品盆栽。その名の通り小さい。が雄大なスケールを感じる。
 
 
会長以下3名。秋元園芸に到着。盆栽の目利きなら俺に任せろ!と意気揚々。
 
早速中を見せてもらう。小品盆栽がずらーと並んでいる。



広い園内に鉢が並んでその周りにビニールハウスが10棟ぐらい取り囲んでいる。壮観!秋元園芸さんは小品盆栽を中心に約2万鉢の盆栽を育てて出荷している。
 
意気込んできたものの盆栽の良し悪しなど全く分からない。ただただウロウロして仕事の邪魔になる一行。
結局秋元さんに選んでもらった。計7鉢。特別にすごく安くしてもらった。ありがとうございます。
 
内容は下記の通り
 
イワシデ寄せ植え
白花したん
紅花したん
ニレケヤキ
宮風楓
姫桑
銀杏
 
地方に引っ越すメンバーは、遠くにあってもAGCの一員として関わっていきますとのこと。うれしい限りです。彼の地にあっても自分らしくご活躍されることを念願します。
購入した盆栽は引越し先に送ってくれるそうです。便利ですね。花が咲き、実がなり、葉が色付くたびに新井宿を思い出して頑張ってください。
 
園芸教室の小屋
 
 
秋元園芸では愛好家向けの教室を月2回(第2・4土曜日)、初心者向け・第3日曜日(予約制先着10人)を実施しています。

なお、見学の希望があれば当会までFAXしていただければお取次ぎいたします。
新井宿駅と地域まちづくり協議会
048-281-9939 (リカベル)


お問い合わせ

秋元園芸
川口市赤芝新田301
048-296-1953