2014年9月15日月曜日

富士山信仰と小谷三志展

 「富士山信仰と小谷三志展」
 
期間 10月1日~11月30日
場所 川口市立文化財センター分館郷土資料館
    (旧鳩ヶ谷郷土資料館)
    〒334-0002川口市鳩ヶ谷本町2-1-22 
    TEL048-283-3552
入館料 一般100円、小・中学生50円



昨年6月に富士山がユネスコの世界文化遺産に登録されました。正式な登録名は「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」です。すなわち、霊山として古代より人々の信仰を集め、秀麗な山容により、聖俗にわたる多くの絵画を生み出してきた歴史が評価されたのです。
本市における庶民信仰を振り返ってみても、富士山信仰は重要な意味を持っています。国指定重要有形文化財の「木曽呂の富士塚」、鳩ヶ谷宿に生まれ、富士山信仰を元に実践道徳の普及に尽力した小谷三志の関係資料、富士講社の人たちが残した富士登山の記録をはじめ、富士山信仰に関わる文化財が多数存在します。それらを紹介しながら、川口における富士山信仰の歴史を振り返る展示会を開催します。

小谷三志は生涯で161回も富士山に登ったそうです。すごい体力です。また、女人禁制の富士山に高山たつという女性信徒を連れ、はじめて女性の登頂を成功させました。小谷三志の墓は地蔵院にあります。



内容~川口から富士山をめざした人たち~

1、富士山信仰の歴史
2、庶民の富士山信仰~富士講~
3、小谷三志と不二道
4、川口から富士山へ

これを機会に川口市民と富士山の関わりを知りましょう。

0 件のコメント: