2014年11月19日水曜日

樹モール商店街、豊年まつりに出展。追記川口暮らふとにも

11月15日、樹モール商店街と神根農協主催の豊年まつりに出展してきました。
両方とも主催者の依頼により出展しました。
 
樹モール出店の様子
 
樹モール(川口銀座商店街)は川口駅東口の昔ながらの商店街ですが、レンガ舗装の遊歩道の中に木々が配された川口を代表するおしゃれな商店街です。川口の地区ごとの魅力を発信するイベントをおこなっており、神根地区を代表して当会が出展しました。
 神根の歴史、風景というブースでの関東郡代伊奈氏の200年の展示の様子
 伝統産業である小品盆栽のコーナーでは体験教室も
 当会が復刻をめざしている草木染のブース。柿渋染めを中心に様々な草木による染め物を展示しました。

同じ川口でも違う魅力があることを発信できたイベントでした。1日お付き合いいただいた樹モールのみなさま。寒い中本当にありがとうございました。

豊年まつりの様子

JAあゆみので毎年行われている豊年まつりですが、今年は当会に出店依頼がありましたが、何かを売るというよりも、地元の人に当会の活動を知ってもらおうということになりました。



 当会で流行らせようとしているのらぼう菜の種と栽培説明書を無料配布。また、のらぼう菜の苗、野菜苗を販売しました。
 歴史部会の伊奈氏展。地元の歴史を地元の住民が掘り出すことに意義があります。
神根特産やつがしらを使った和菓子の試食。好評ですぐになくなりました。
やつがしらの芋餡とココアをまぶした和菓子。昨年試作したヤツガシラを使った縄文栗きんとんも見本で展示しました。
 
 これがやつがしら。何人からも売ってくださいと言われましたが、今回は見本ということで。
いつも何やっているんだろう?と思われていた当会ですが、地元の方に日々の活動を紹介出来て有意義な1日となりました。

追記
10月18日
川口暮らふと出店


川口暮らふとはものづくり川口の魅力を見つめなおしたいとの思いから生まれた工芸品市で今年で4回目だそうです。今年は「地域紹介ブース」という枠組みの中に当会へお誘いがあり、野菜を持って行って売ってきました。

会場は川口アリオ前の広場「アートパーク」。アートギャラリーアトリアがある広場です。
手作りの工芸品が多数出展。工房、作家、趣味でやってる人などたくさんのブースがありました。
アートパークというだけあっておしゃれな広場。来ている人も個性的な人ばかり。
 人ごみの中に当会ブースを発見。大繁盛です。
なんでもマルシェ風にということで、実行委員会の方々にそれらしい陳列箱を作ってもらいました。何から何までアーティスティック。テントの中で会長がくたびれて愚痴っていたのが印象的でした。

以上報告でした。

0 件のコメント: