2014年12月18日木曜日

聖火富士―富士見二重坂より

 年末の神根の冬は花もないしイルミネーションもないさみしい所。そんな中で唯一心震わせる感動を味わえるのが富士見スポットの富士見二重坂(金子クリニックの坂)。今日は冬至前後に見える「聖火富士」の連続写真をお見せします。*クリックして拡大してください







 
 正確な日は分かりませんが、だいたい冬至前後に山頂真上に落ちる夕日が見れます。夕日は冬至前に一旦富士山の左側に行きますが、冬至を境にふたたび右に移動します。ですからいわゆるダイヤモンド富士は2回見られることになります。でも、この日というのがよくわからないんです。*この日は冬至を挟んで8日。つまり12月14日と12月30日ということがわかりました。
 
時間はだいたい16:20~30の間ぐらい。連続写真を撮るんでしたらその5分前くらいからスタンバイするべきでしょう。金色の日の中から富士山が表れる光景は得も言われぬ美しさです。僕はカメラに疎く、このデジカメもドンキのお買得品なのであまり良い画像とは言えません。また、フィルターを付けていればダイヤモンド富士が取れたと思うんですが。
 誰かいいカメラと技術でダイヤモンド富士を収めてもらいたいものです。*光が強烈なので、見続けていると目がくらくらします。グラサンをかけましょう。

 
日が沈んでもこのように美しいグラデーションが拝めますので、20分ぐらいはそのままいる方がお得というものでしょう。

0 件のコメント: