2015年12月8日火曜日

青空野菜市報告

12月6日(日)青空野菜市を行いました。
 12時から15時まで、新井宿駅1番出口(西口)の排気塔の横のスペースで行いました。
あまり告知はしてなかったので、事前に並ぶようなことはありませんでしたが、通行人が目に停めて次々と入ってきました。開始30分ぐらいで3分の2ぐらい売れて、畑にブロッコリーなど取りに行ったりして補充しましたが、それも間もなく完売しました。

 秩父名産のしゃくし菜、川口ではめずらしい。紫の水菜は栄養いっぱいとのこと。
 白菜、山東菜、ネギ
 ネギはいつでも大人気。すぐ無くなりました。
 里芋と人気のブロッコリー。1個150円と激安。すぐに売り切れて畑に取りに行きました。こういう即応力が地場産市場の強み。
このブロッコリーは9月27日にAGC会員の畑に苗を植えたものです。2か月あまりでずいぶん成長したものです。茹でて食べました。甘くておいしいです。
 神根の冬の名産ヤツガシラ。今回は丸形ヤツガシラも出しました。
聖護院大根。聖護院大根は京野菜のひとつ。煮崩れしないので煮物によく、甘くて苦みが少ないので漬物にするとおいしいそうです。
 
今回のようなミニ野菜市を今後定期的に開催するかは検討中です。野菜が揃わないときもありますし。でも思いのほか好評だったので前向きな気持ちです。ご期待ください。
 
 

2015年11月26日木曜日

江戸を救った男 伊奈忠次の防災術(Eテレ、知恵泉)がアンコール放送!

 
9月1日に放送されたNHKEテレ「知恵泉~先人たちの底力~江戸を救った男伊奈忠次の防災術」がアンコール放送されます。
 
放送後に鬼怒川の決壊が起こり、あらためて治水に対する関心が高まり、もう一度見たいという声が多数寄せられたそうです。同回では伊奈氏の自然に逆らわない治水思想と住民が共同体として水害に立ち向かう知恵が多数紹介されています。400年前に関東の水系をつくり、治水の最高責任者であった伊奈氏に学ぶことは実に意義あることと思います。
 
NHKEテレ 知恵泉~先人たちの底力~「江戸を救った男 伊奈忠次の防災術」
 
アンコール放送
12月1日(火)22:00~22:45
再放送
12月8日(火)12:00~12:45
 
*取材協力ということでエンドロールに当会の名前が出てきます。

2015年11月16日月曜日

第4回バスツアー「伊奈半左衛門と御厨地方」報告

11月15日(日)第4回バスツアー「伊奈半左衛門と御厨地方」の報告です。
 
今回の参加者は28名。7時に新井宿駅に集合し、7時半出発予定でしたが、早めに集合完了したので7時15分には出発しました。
 首都高を走るバス。車窓には雨が、しかし今日は予報では雨が止むことになっているので安心。しかも暖かい。雨は相模湖の手前で止み、山に谷に霧のような雲を漂わせて幻想的な景色を見せてくれました。
渋滞すると思っていたので40分ぐらいは余計に時間を取っていましたが、まったく渋滞がなかったので、途中の道の駅富士吉田で時間をつぶすことに。

10:00忍野八海到着。

 忍野八海は、富士山の伏流水に水源を発する湧水池です。富士信仰の古跡霊場や富士道者の禊ぎの場の歴史や伝説、 富士山域を背景とした風致の優れた水景を保有する忍野八海は、世界遺産富士山の構成資産の一部として認定されました。

 中心街の中池。柵で囲まれている池は深さが8メートルもあります。
 透き通った池の水は泳ぐ魚が浮いて見えるほどです。8メートルそこのコインがはっきりわかる。

11:30浅間茶屋

山中湖畔の浅間茶屋に到着。ほうとうや吉田うどんなど郷土料理のお店です。
 対岸に日が指す。これがまた美しい。見入る一行。昼食は吉田うどん定食とワカサギの天ぷらでした。うまかったのですが写真を撮るの忘れました。熱燗とともにいただき大満足でした。
 店を出ると裏手に富士の山体が。すごくでっかく見えます。

12:40須走浅間神社

鎌倉往還を南に走り、籠坂峠を越えると駿河の国須走。富士登山口の一つ、須走富士浅間神社に来ました。
大同2年(807年)創建。江戸時代は富士講の信仰を集め、登山道、また、駿河国と甲斐国をつなぐ鎌倉往還の宿場町として栄えた。
 天然記念物の根上がりモミ。宝永噴火の砂の上に根付き、のちに下の砂が流されて根がむき出しになっている。降砂の深さを物語る史跡でもあります。
 須走は霧というより雲の中にありました。巨木と社殿が幻想的。誰かが言っていましたが神が降りてきたようです。
 もみじと滝。こちらの紅葉はもう見頃を過ぎたようでした。それでも綺麗でした。
 宮司さんから案内されて資料館を見学。富士講の資料の他、宝永噴火と伊奈忠順の展示もあり、解説していただきました。じつはこの宮司さんは伊奈神社の代表宮司も務めていて、先月の27日に伊奈神社の総代60名の方とともに源長寺の伊奈家墓所に墓参に来ていました。当会会長がご挨拶をし、小冊子とお土産を渡しました。ご当地とご縁ができたことは何よりの喜びです。

13:40伊奈神社


伊奈神社は浅間神社のそばにあります。このブログでは何度も登場していますので説明は省きますが、北駿復活の父、伊奈半左衛門忠順公の像は忠順崇敬の象徴です。先ほどの浅間神社の方が社務所のカギを開けてくれて、トイレなど使わさせていただきました。細かい気配りに感謝します。
 霧の中、凛として富士を見つめる忠順象。
 それを見つめる一行。初めて見て感動したという人が多い。
記念に一枚。
 そばにある公園です。落葉を除けると黒い砂が見えます。地面がすべて覆われています。これが300年前に降った焼砂(宝永スコリア)です。小さな軽石です。
須走は3mの砂で埋まってしまったため、砂の上に家を建てて街を再建しました。先ほど言ったように須走は交通の要衝だったため、幕府も優先して資金を投じました。また、宿場が本業なので再建が速かったようです。
 
14:30吉久保水神社
 
この神社は100年前の伊奈忠順追贈の中心になった神社です。中心メンバーの渡辺誠道氏は曽祖父がここに小詞を建立。祖父は伊奈13代と親交があり、父が忠順の仁徳略記を草せんとして不帰の客となり、代々忠順顕彰に努めました。これを誠道氏や御厨の有志が跡を継ぎ、伊奈忠順、また、歴代の業績をまとめて「伊奈氏贈位欽仰録」を刊行しました。これが大正天皇の目に留まり「従五位」贈位となったのです。
須走から降りてくると麗らかな日が注いでいました。

 大正3年(1914)題額徳川家達(徳川家16代)、撰徳富猪一郎(蘇峰)の遺徳千秋の碑が建立される。100年前の忠順顕彰のメンバーは非常な情熱をもってこれら大物たちをも動かして贈位を成し遂げました。それだけ宝永噴火と伊奈半左衛門というのは忘れられない歴史なのです。この碑文は赤山陣屋にある山王神社の境内にも掲げられていたそうです。

16:00道の駅すばしり

時間が余ったので道の駅すばしりに寄りました。
無料の足湯にほっこり。
 
帰途につきましたが、道を間違えて須走口に向かってしまう。しかし、雲の上に出たことで富士山頂を見れました。
皆バスを降りてシャッターを切りました。
雲がかかる宝永山。いい絵が取れました。
 
東富士五湖道路に戻り一路新井宿を目指します。
車窓に夕日に照らされた富士が現れ、あわててスマホを取り出す。
さよなら富士山また会う日まで。
20:00中央道、圏央道、関越道を経て帰着。途中談合坂SA,三芳PAなどでのんびりと過ごす。
 
天気が良かったこと、盛りだくさんだったこと、知らなかった川口の歴史を知れたことなど皆さん満足していただけました。何より富士が見えたことが良かったです。3年前のどしゃ降りの厄を落とせた思いでした。
 
来年は「利根川水運の街を巡る」というテーマで、野田醤油、水郷佐原を回る予定です。ご参加いただいたみなさん。機会があればまた来年お会いしましょう。では。
 
伊奈忠順については当会発行の小冊子を見てください。↓
「没後300年 宝永噴火と伊奈半左衛門忠順」


2015年10月31日土曜日

『新井宿エキナカフェスタ2015』報告★

~『新井宿エキナカフェスタ2015』報告~


10月25日(日)秋晴れ☀最高の中(ちょっと風強かったですが・・)、フェスタ2015が新井宿駅周辺と新井宿駅構内(エキナカ)で盛大に行われました。
今回初の試み「エキナカ」が加わり、出店数も増え、お客さんも更に増えた新井宿恒例イベント。
沢山の「いいかお!写真」の中、一部のみになりますがブログにて報告です。



第1会場
青空がまぶしい~。開催されて間もないというのにすでに家族連れを中心に沢山の人、ひと、ヒト。


つきたてお餅の販売、行列すごいぞ。


あったか~い!豚汁。麦味噌、美味しそう。


第1会場は行列多数のテントでした。各販売ブースも飛ぶように売れていてました。



続いてフェスタのいちおし
かみね野菜の『収穫体験』

駅近にのどかな風景、かやぶき屋根の飯島さんちです。ちなみにここ都心から近い川口市ですよ。
のどかすぎる。


飯島さんちの畑でさつまいも収穫体験風景。
子供たちも大喜び!


こちらは医療センター近くの江原さんちのダイコン畑。畑からダイコンを引っこ抜く醍醐味は、なかなか体験できません。さすが「収穫体験」!

このダイコン、キメが細かく甘くて実に美味しい!!

「かみね野菜」・・もっと宣伝すればいいのに・・・・



第2会場

かみね野菜、花、植木、果物の販売ブースが並びます。
ここも人がすごい・・・。あっという間にひとだかり。

エビイモで~す。


「ゆず」かぁ・・季節をかんじますねぇ。


大きな紅アズマ。しかも安い!


「柿たべませんかぁ」とススメてくれました。
お手伝いご苦労様。ハロウィン姿のかわいい~子供たちいました。



ご当地産。やまと芋です。




続いて今回の目玉。「エキナカ」会場

おッ、なかなかの賑わい。


地酒の試飲・販売です。お鍋の季節ですな。


新井宿の歴史といえば、「伊奈氏」
かなり詳しく調べてあってこれがまた面白い。
興味のあるかたは、AGCまでご連絡を。


SRカレンダー販売しておりました。
もう来年かぁ。



エキナカではちびっこたちの遊び場、「木’ズスペース」ありました。木のぬくもりがやさしいのです。


ん!?・・

ご当地ソングが存在してたのね。「女の御成道」CD絶賛発売中。



さてさてこちらは第4会場です。
種まき体験教室



ワタアメ待ちです。


色とりどりの秋のお花が並びます。



あれっ?!発見。

「たそがれのきゅぽらん」at新井宿



こちらは第3会場
メインステージ

地元小中学校のブラバンの音が青空に響いております。


地元フラサークルのダンスです。
アロハ~。


そして、きた-っ「Nゼロ」

歌も踊りも揃っていました。ファンにとっては嬉しすぎる近距離



ファンとの交流会サービスまでありました。



というわけで、新井宿エキナカフェスタ2015は無事終了いたしました。

これもひとえにたくさんの皆様のご協力があったおかげでございます。

また来年も懲りずに開催すると思います。

その時までごきげんよう。

また次回お会いしましょう。






※新井宿駅構内にて「新井宿まちづくり協議会」のお知らせコーナーが設置してあります。

地元地域のまちづくり情報が毎月発行されておりますので、ご自由にお持ちください。