2015年3月26日木曜日

とんかつの勝時がのらぼう料理を創作!

当会では幻の江戸野菜「のらぼう菜」の試験栽培をしていますが、収穫期を迎え出荷はもとよりおいしい食べ方を考えなくては普及しないとして、昨年から試行錯誤してきました。昨年はのらぼう試食会開いて天ぷらやキッシュ、白あえなどにしておいしくいただきましたが、プロの手で何かをということで地元のとんかつの名店勝時さんに白羽の矢が立ちました。
 
新井宿駅前にあるとんかつの名店勝時
 当会会員Eさんの畑で採れたのらぼう菜。菜の花にそっくりですがクセがなく、茎に甘味があってどんな料理にも合います。とりわけ油には合います。洋食にもぴったり。この前ペペロンチーニにしてみましたがとってもおいしかったです。
 勝時さんではのらぼう菜にヒレ肉をまいて肉巻きにしてくれました。くぅ~、うまそう!
 添え物にはのらぼうの油炒めを。シンプルですが素材の味を直接味わえます。春を感じる。
ジャ~ン!これが勝時作、のらぼう御膳。ワサビ醤油で召し上がってくださいとのこと。これは食べたい!

当会がなぜのらぼう菜の普及にこだわっているかというと、もちろん地元領主の関東郡代伊奈氏が栽培を指南、奨励をしたという歴史的意味合いからですが、もう一つはのらぼう菜はすぐに萎れてしまうので産地でしか手に入らないという事情があるからです。のらぼう菜を食べたいと思っても比企郡やあきる野市に行かないと売っていないのです。それなら自分で作ろうということで昨年から試験栽培をしています。今年は自分ちの庭やプランターでも実験をしました。新井宿では春に自分で作ったのらぼうを食す。という伝統が出来れば文化の一つです。新井宿という土地柄を生かしたまちづくりなのです。

のらぼう関連の過去ログ

幻の野菜ーのらぼうを探しに
http://araijyuku.blogspot.jp/2013/06/blog-post_8.html

のらぼう普及計画始まる
http://araijyuku.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html

AGC野菜部―ジャガイモの植え付け

3月23日月曜日。AGC会員の農家、Iさんの畑でジャガイモの植え付けをしました。AGCでは農家の畑をお借りして自分たちで野菜作りに挑戦することにしました。過去にもそばプロジェクトなどしていましたが、本格的に復活することに決まりました。
手始めにジャガイモをということで、会員の人たちに声掛けして集まってもらったのでした。

 種イモは男爵イモで協議会用として3キロ植えつけます。種イモを4つに切って焼却灰をつける。
 畝づくり(畑に引っ張るひも)で畑に線を引き
管理機でさくを切ります。
ちなみに使っているのはこの機械。ホンダのFR315。計量・低重心で取り回しが楽なすぐれもの。かっこいいぜ!(HONDAのHPより画像を拝借)

 堆肥をまいてから土を落とし、そこに種イモを押し込み上から土をかぶせます。土がフカフカなので足を取られそうです。
 3か月後には収穫できます。ザクザク採れるはず。
作業は約1時間で終了。お庭にある夏みかんの木に実がたくさんなっていたので採ってみんなでいただきました。 
 夏みかんの酸っぱさが口に広がり疲れを癒す。
 ジャガイモは2さく半植えることが出来ました。6月下旬か7月上旬には収穫し、畑でご飯を炊いてカレーをつくって食べる予定です。すごい楽しみ。

今後の作付の予定ですが、GW前後にヤツガシラの種植えつけ、9月に大根の種まきとブロッコリーの苗の植え付けを行います。作業はなるべく休日にやる予定です。日取りが決まりましたらお知らせしますので、興味のある方は見学に来てみてください。では。

2015年3月12日木曜日

桜ウォーク締切&近隣桜イベントのお知らせ


4月5日(日)の桜ウォークですが、定員になりましたので締め切らさせていただきます。
今年は例年になくお申し込みが殺到し、最速で閉め切ることになりました。これから申し込もうかな?とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、誠に申し訳ありませんがまた、次の機会にご参加いただければと思います。
なお、桜ウォークは閉め切りましたが、同日行われる桜まつり(江川グランド)、陣屋カフェは定員がありませんので(売り切れ御免)ぜひ足を運んでみてください。よろしくお願いします。

桜まつり
日時 4月4・5日(土日)
4日 15時ごろ~20時頃まで
5日 11時ごろ~14時頃まで
場所 江川グランド
両日とも出店あり。

昨年の桜まつりの様子
 
陣屋カフェ
4月5日(日)*日中 売り切れ御免
場所 赤山陣屋
オープンカフェ、ピザ、おこわ、コーヒーなど。
陣屋カフェの様子
 

桜ライトアップ
3月26日(木)~4月5日(日)まで。時間は18302030毎日
幻想的な雰囲気ですのでぜひご覧ください。