2015年4月19日日曜日

比企のらぼう菜調査団―各部合同編

2015年3月31日
  前回の調査団から一年後。ふたたびのらぼうの里に来ました。今回はのらぼう菜を試験栽培している野菜部。散策ツーリング部。草木染部。そして歴史部の僕と4部合同の大調査団になりました。歴史部の僕は長瀞の伊奈桜、散策部は景色と桜を、野菜部は野菜の苗を求めて、草木染部は和紙の里の下見というように同床異夢の人間が集まったせいでごちゃごちゃの行程になりました。
 
 まずは草木染部リクエストの東秩父村の和紙の里へ。和紙の里は細川和紙(小川和紙)の産地で紙すき体験やギャラリー。食事処や売店を供えたレジャー施設です
 中庭に入ると日本庭園が。思わずおお~と歓声が上がる。ビューリホー。
 展望台があったので登ってみる。高い所が好きな一行。
 和紙の里を一望。
 和紙の里のマスコットキャラ、わしのちゃん。わしのさんが妥当かと。
和紙の里、すばらしい。桜が満開の時にまた来ようっと。

一行は本来の目的であるのらぼう菜の販売状況を見学にときがわ町へ。

 木のむら物産館に到着。
 いきなりのらぼうプッシュ!土日限定でのらぼう菜の試食販売をしているそうです。
 売り場を埋め尽くすのらぼう菜。比企のらぼう菜は年々生産量が拡大しており、平成17年には70aで2tだったのが平成24年には500a78tに大幅にアップしている。
 ここにものらぼうの由来と古文書が。
 のらぼう菜の調理法と栄養を表示。のらぼう愛を感じる。
 腹が減ったので木のむら物産館からほど近い手打ちそば「とき庵」へ。開店時に来たのにほぼ満員でした。
 天ざるを注文。のらぼうの天ぷらとのらぼう菜の中華風おひたしがついている。メッチャうまい!
のらぼう料理に舌鼓打って大満足の一行はのらぼうコロッケを求めて小川町へ。

小川町駅そばの肉屋さんでのらぼうコロッケをゲット。うまい。しかしコロッケの写真を撮るのを忘れてしまう。

のらぼうはこの辺にして伊奈桜を探しに長瀞へ向かう。

 宝登山神社に到着。この境内のどこかに伊奈桜があるはずだが。
 なんと駐車場の目の前にあった。意外と小さいな。

伊奈桜の由来
江戸初期に秩父地方の代官であった伊奈備前守忠次がこの宝登山神社に献木した彼岸桜と伝えられています。秩父地方は当初多くが伊奈家の支配地でしたが、寛文年間に一部忍藩領に加えられたり旗本領になったりと変遷があるのですが、関東郡代の支配機構に秩父領々組合があったので伊奈家改易までその支配地であったと考えられます。伊奈桜は昭和51年(1976年)に枯れてしまい、若木を補植して2代目としたのがこの桜です。しかし、この木も傷みが目立つので今孫植えをしています。
時間が余ったので長瀞観光を。風情がある土産物街。
昔と変わらぬ岩畳。♪花の長瀞あの岩畳、花のながと~ろ、あの岩畳。こらしょ!
帰りに秩父名物しゃくしな漬を買いました。こりゃうまい!また食いたい。

比企、秩父はとても美しくうまいものがたくさんあって、是非また来年も来たいと思います。のらぼうもあるし。これをバスツアーに出来ないかな?ちょっと検討してみます。「のらぼうツアー」なんてね。以上報告でした。

0 件のコメント: