2015年6月19日金曜日

関東郡代伊奈氏の200年歴史講座「利根川東遷事業について」のお知らせ

利根川東遷の端緒となった川俣の会いの川締切址

 徳川家康が関東に入府して435年。以来日本の首都として繁栄を極める江戸東京。寒村だった江戸を天下の府に
するために、家康は関東全域にわたる改造を命じる。
 家康から「関東を我が身のように大切にすべし」との意を受けた関東代官頭の伊奈忠次は、関東を乱流する大河群を制御することを決意。ここに伊奈家3代、60年にわたる大事業が始まった。
 この講座では幕府・伊奈氏が取り組んだ利根川東遷事業を河川行政のプロに解説していただきます。

 水戸備前掘にある伊奈忠次像
川口きゅぽらにある伊奈忠治像。利根川東遷事業の大半の功績はこの人

日時
7月17日(金)14:00~16:00
場所
川口市消防団第7師団第3分団消防団車庫
*新井宿駅1番出口そば


講師
国土交通省利根川上流河川事務所計画課長 小宮山隆氏
定員
25名*定員になり次第締め切りとさせていただきます。
参加費
無料

お申込み
氏名、年齢、住所、連絡先を明記の上、メールをするか、

FAXでお申し込みください。
メールアドレス
info@araijyuku.jp
FAX
048-281-9939(リカベル)


主催 AGC新井宿駅と地域まちづくり協議会
〒333-0833 川口市西新井宿362リカベル
FAX048-281-9939

0 件のコメント: