2015年7月25日土曜日

神根小の石碑

明治・大正・昭和の神根地区の歴史

紀元2千6百年記念碑
 
  毎年子どもの運動会に行くと、木陰を求めてこの石碑のある大きなケヤキの下は場所の取り合いになります。でも不思議なことにこの6メートルはあろうかという巨大な石碑は何なのか?ということには誰も興味を持たないようで、誰に聞いても何が書いてあるか知りませんでした。しかし先日、脚立を持っていってデジカメで撮影し、頑張って全文を解読しましたので紹介します。石碑は紀元節による神武天皇即位より2600年を記念して建立したようですが、それだけではなく同年に実施された川口市との合併により、約50年続いた神根村が無くなってしまうことを惜しんで後世にこのような村があったということを伝えるために建立したようです。なぜ神根小の校庭に建立したのでしょうか?推測ですが以下のようなことが考えられます。

神根小学校。明治6年(1873)創立。明治42年(1909)現在地に移転。
1、神根小が小高い山の上にあること。
2、村の中で最も代表的な施設だったこと。
3、後世に伝えるという意義から、毎年ここに学び育っていく児童こそ、伝えたいと思っていたこと。
 
碑文。紀元節は神武天皇(初代天王)の即位の日で、戦前は祝日でした。しょう話15年はこの即位の年から2600年にあたり、全国で祝賀の催しが盛大に行われました。ちなみに現在の2月11日は建国記念日ですが、これが由来になっています。
  
   碑文からは村人たちの「いつまでも忘れないでほしい」という想いが伝わってきます。記述は今なおこの地に残る地勢、特色を捉えています。幸いにして今日の神根地区も「温和の気、肥沃の地」と謳っているように緑と耕地に囲まれた明媚な姿を残しています。かつての村民ではないですが、子どもたちが大人になっても美しい地域でありつづけてほしいと願っています。

紀元2600年記念碑
 
埼玉県知事従四位勲三等土岐銀次郎題額
 
維時昭和15年4月1日、埼玉県北足立郡神根村はその隣接する川口市に合併す
按ずるに明治7年、本県(埼玉県)を24区に分かつや、現大字根岸、在家は第23区に属し、石神、赤芝新田、赤山、新井宿、西新井宿、神戸、道合、木曽呂、東内野、源左衛門新田は第24区に属す。明治12年区制廃せられ郡制となるやすべて北足立郡の官下に入る。明治17年また根岸、在家は芝村に合し、石神、赤芝新田源左衛門新田、東内野、木曽呂、道合、神戸は戸塚村に合し、新井宿、西新井宿、赤山は安行村に合す。明治22年、町村制施かるるや、12大字をもって神根村と称する新村を成すときに戸数500余なり。
そもそも本村は郡の東南に位置し、東京の北約5里(20km)にあり、東西1里10町(5.1㎞)南北1里19町(6.09㎞)面積0.6平方理9.25㎢)
筑波の秀嶺を東に望む、富士の霊峰を西に仰ぐ、関東平野の中央を占める地勢、起伏多きも概して東と北は高く、南に向かいて低し、見沼用水、芝川運河その間を流れ、灌漑排水に利す。御成街道および県道三線ありて交通運輸に便す。温和の気、肥沃の地、里正(村長)統治の宜しき村人勤労の敦き、因りて以て産業大いに興隆す。今や織物、植木、花卉、米麦、蔬菜等年産二百万円を算する。旧関東郡代伊奈氏夙にその基を開く感謝に堪えない村民、意を教育に用ゆ。明治42年現地に尋常小学校を創立し、同45年高等科を増設。次いで校舎校地の拡張設備。内容の充実等、これ力しむ。昭和6年畏くも御真影を奉戴し、同10年奉安殿を造立す。これ皇太子殿下(平成天皇)御降誕奉祝の記念なり。村民また、敬神崇祖信仰の念に篤く、春日、朝日、稲荷、氷川の4村社並びに源長、薬王、妙蔵、大徳、宝蔵、真乗、多宝の7仏寺を護持す。現に戸数壱千余、人口6千を超え、正にその当初に倍するに至る。神根村の隆昌それ此の如し。
今ここに皇紀2600年、曠世(世にもまれな)の大慶(大きな喜び)に遇い奉る吾等如何なる恩幸(大変な幸福)に歓喜せざるにはおれない。すなわちこの合併をもって記念事業に当たる。まさしくこれ村民の熱望と県当局の斡旋によるものなり。嗚呼村名はたとえ改まるといえども、地と人ともとより異なるなし今から以後協力一致益々市民の本分を尽くし、もって地方発展の使命を達成せんことを期す。いささか村史を勒して(彫って)後代に伝うと云爾(うんじ)
皇紀2600年神武天皇祭日
浦和高等学校教授従五位勲六等秦慧玉撰竝書
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

2015年7月6日月曜日

日光御成道夏の陣報告

7月4日、5日。日光御成道鳩ヶ谷宿夏の陣が行われました。この祭りは鳩ヶ谷地蔵院をメイン会場に、SR鳩ヶ谷駅から新井宿駅までの御成道沿いの商店街や国際航業跡地を会場にした極めて広域なイベントでした。当会は新井宿駅からメイン会場までの誘導と案内を役割としたミニフェスタを開催しました。雨の中でしたがたくさんの人たちに訪れていただき感謝申し上げます。以下報告です。
7月4日(土)9:30。地蔵院本堂前にて開会式が行われました。主催者、来賓ともさわやかな浴衣姿で列席。当会会長の姿も。あいさつに立っているのが新藤衆議院議員。この写真で気になるのがコバトンの様子。
誰かも言っていましたが、終始うつむいていたそうです。コバトンは県公認のキャラクターのはずなのに、ゆるきゃらが増えすぎてすっかり影が薄くなってしまいました。昨年のゆるきゃら選手権では隣のきゅぽらんにも大差をつけられる始末。きっとそんなことで落ち込んでいるのでしょうか?コバトン、元気出すきゅぽー!
 
当会はいつもの新井宿駅前消防団車庫でテントを張って夏野菜など販売。
 
 枝豆、じゃがいも、きゅうり、なす、ピーマン、トマト、いんげんなど。結構な品数が集まりました。
 子供もお手伝い。トマト大きくておいしそう。野菜は2日間ともほとんど売り切れました。
 ほっぺほっぺさんがパン。すいーつ畑さんがクッキーとかき氷を販売しました。雨だったのでかき氷はあまり売れませんでした。
 今回の目玉、今回限定のオリジナル弁当「かみね野菜と串カツ弁当」。駅前とんかつの勝時とかみね野菜がコラボ。
 ぼうふう、きゅうり、きゃべつ、じゃがいもなど、バランス良く取り入れています。そして何と言ってもロイヤル三元豚とたまねぎと串カツが絶品!うまかったなぁ。秋も作ってくれないかなぁ。
 いつものように花・苗のブース。寿園さん。
 須賀めぐみ園さん。
 ちょっと離れていますが、緑の家では盆栽教室が。
 雅な小品盆栽の世界。
 新井宿駅構内では歴史展示を行いました。

一方、他の会場はどうなっていたのでしょうか?
 国際興業跡地ではちびっこ広場と称して、働く車が大集合!
 巨大ふわふわ。中で子供たちが飛び跳ねていました。
 起震車。激しい揺れに大興奮!
パトカーとはしご車
 これはトラックの運転シュミレーションが出来るとかなんとか。
 給水車。いざという時にはお世話になるかも。
 川口オートから。レースバイクの実物。

そしてメイン会場の地蔵院。
 参道にずらりと並ぶ出店。縁日らしくていいな。
 朝顔市、ほおづき市
 福引抽選会
 当会会員の中ばしさんもここで和菓子を販売。だんごを焼いてました。
浴衣姿で遊ぶ子供たち。そういえば浴衣で来場すると、タブの木で染めた手拭いがもらえたのでした。
 本堂前のステージでは華やかにカラーガードが。たくさんの団体が思い思いの演技を披露。
 観客も大盛り上がり。
 と、ここで浴衣で踊る御成姫を発見!ホーミング(追尾)を開始!
 声掛けして畏れ多くも記念撮影。この後も密着取材を継続。しかし忙しい御成姫は人ごみの中へ。ロストする。
 再び発見。もう一枚記念撮影。って、あれ?御成姫同窓会?どうやら人違いのようです。
今度こそ発見。御成姫ビールで乾杯!って、え?またあんた達か!本物の御成姫はいずこ?
じつは御成姫一行は当会会場に激励に来ていたのでした。御成姫に囲まれ会長ご満悦の図。くっそ~。
最後に御神木のタブの木です。ありがたや。
以上報告でした。

2015年7月2日木曜日

会員紹介~プテラファクトリー~

今回はプテラファクトリーに行ってきました。
プテラファクトリーって何?
ダーツバーです。
 第二産業道路沿い、神根トンネルと外環状線の間にあります。一見町工場のように見えますが、それもそのはず町工場だからです。
 小山製作所(プラスチック加工品製造)の隣に入口があります。一見同じ建物に見えますが、それもそのはず同じ会社だからです。
工場の2階がダーツバー。わかりにくいのなんのって。
ダーツバーの看板。このおやじは誰?
もしやダーツ界の伝説、DJプテラジョーンズ(イギリス人)では?と勝手に想像してみる。
  外観と看板を見ると入るのをためらう気持ちになりますが、中に入ってビックリ!立派なBARがありました。9月で丸6年営業との事。浮き沈みの激しい飲食業界でこれは立派。酒類は生ビールからカクテルまで一通りそろっていて、おつまみ、食事メニューまである。しかもリーズナブル。しかもかなりおいしいと来ている。これならダーツをやらない人でも十分満足できます。パーティーや女子会の相談にも乗ってくれるそうです。(さりげないPR)
ダーツボードが並んでいる。
ダーツの世界はあまり知りませんが、今や通信対戦でどこの誰とでも対戦できるそうです。大会もあり、これは誰でも参加できます。勝ち抜いて地区代表、県代表と進むと、全国大会。そして世界大会(PDCワールドダーツチャンピオンシップ)まで進むことができます。目の前のボードが見知らぬ街のダーツボードに繋がっていて、世界中の誰かとゲームを楽しめる。この奥深さと広がりが現代のダーツの魅力なのです。取材中でも若者が次々に入ってきてはゲームを楽しんでいました。
プテラファクトリーオリジナルのダーツ用品
 じつはプテラさんは、もともとダーツ用品を製造していて、それが高じてダーツバーまでやることになったそうです。つまりダーツ用品工場直営のバーなのです。
 最後に看板の男について聞いてみました。
「あのおじさんはロゴを作る際に、デザイナーの方に町工場直販といったメーカーイメージのロゴが良いとお願いしたら描いてくれたもの」だそうです。
なーんだ。職人のおやじだったんだ。イギリス人じゃないのか。ちょっと残念。
以上報告でした。
 
ダーツショップ&バー「プテラファクトリー」基礎データ
 
住所 川口市道合587-1
電話 048-284-3080
営業時間 19時~0時
定休日 水曜日