2015年9月18日金曜日

会員紹介ーこだわりとんかつの店勝時(5周年の軌跡)

開店時の勝時。まだ前のラーメン屋の看板が残ったまま。

5周年記念セール!9月20日~23日
当会会員である新井宿駅前のとんかつ勝時が8月4日に5周年を迎えました。感謝と記念に以下のようなセールをやるそうです。*クリックして拡大してください。
記念セールのチラシ
 
地道な努力が実を結ぶ
 
じつは勝時さんが店を構える店舗は、それまでいろんな飲食店が出店しましたがどれも1年ぐらいでやめてしまいました。駅前にあるものの駅乗降客の動線から外れている。駐車場が少ない。店内が狭くカウンター席しかないなどの不利な条件があったからです。勝時さんが出た時も「ここも何年持つのやら」と誰もが思っていました。ところが少しづつお客さんが増え、今では新井宿の駅前と言えば勝時と言われるぐらい地域の顔として定着しました。そこには地道な努力がありました。
 

まず、勝時ならではのメニュー開発。当初からとんかつの味には定評があったのですが、それに甘んじることなくさまざまな新メニューを開発していきました。下の例もそうですが、わさび醤油で食べるなど斬新な食べ方を提案していきました。
 
夏の風物詩。さっぱり塩ネギとんかつ。
旨辛ヒレカツ丼

しかし、いくら旨くてもそれだけでお客さんが来てくれるわけではありません。まずは知ってもらわないと何も始まらないわけですが、勝時さんがやったのは地域密着、SNSや地域コミュニティでの情報発信でした。店舗の駐車場で地元の仲間たちとバーベキューをする。ゴルフコンペを主催する。地域イベントに出張して弁当など販売する。FBで情報発信するなど。大手媒体の広告や折込などを使わない密着型口コミを主体に知名度を上げていきました。

ゴルフコンペ「勝時杯」。自信の趣味もお客さんとの恒例行事に。

当会行事にも積極参加

勝時さんが開店してからほどなく当会も旗揚げしたわけですが、当会のとんかつ好きの理事に誘われて協力店として入会しました。当会のイベントには必ず参加しています。
ミニフェスタでかつパンを売りさばくカツパンマンブラザーズ。なんとこの人たちは常連客だ。「お客様は戦力です」が勝時のモットー。
当会の郷土料理研としてご当地メニューの開発に協力してもらっている。これは地元野菜を使った串カツ弁当。
のらぼう菜をヒレ肉で巻いたのらぼう肉巻きカツ。
夏空に翻るのぼり。夏が終わるともうすぐ新井宿フェスタ。
 
いつやめようか?と悩んでいた店も気が付けばもう5年。食べログで高評価を受けるほどの人気店に。店主は「命ある限りとんかつを上げ続ける」。と天命を悟ったそうです。こんな勝時をこれからも応援していきたい。
以上。