2016年2月26日金曜日

NHKBSプレミアム「英雄たちの選択」で宝永噴火と伊奈忠順特集!

富士山宝永噴火口

NHKBSで関東郡代伊奈忠順を特集します。
NHKBSプレミアム
「英雄たちの選択」
放送3月3日(木)20:00~21:00
再放送3月10日(木)8:00~9:00

内容
江戸中期に起きた富士山の大噴火。膨大な火山灰で苦しむ被災民に対し、幕府の方針は自力復興。このまま民を見捨てていいのか、現場の責任者となった代官の葛藤と行動とは?
江戸中期に起きた富士山の爆発的大噴火。降り積もる大量の火山灰によって一帯の村々は存亡の危機に立たされる。それに対し幕府の方針は被災民による自力復興というものだった。そうしたなか、復興の責任者に任命された幕府代官・伊奈忠順(ただのぶ)は現地を視察、飢えなどに苦しむ人々の実情を知る。このまま苦しむ民を見捨てていいのか。伊奈は幕府の方針と被災民との間で葛藤する。果たして伊奈はどんな行動を取っていくのか?
【司会】磯田道史,渡邊佐和子,【出演】小山真人,あさのあつこ,宮崎哲弥,福田千鶴,【語り】松重豊

宝永4年富士山噴火之図
 
  宝永4年(1707年)11月23日、富士山はその噴火史上最大級の噴火をしました。貞観の噴火(864年)以来843年ぶりの巨大噴火です。地下20㎞のマグマだまりが滞留することなく上昇したため爆発的な噴火となりました。噴煙の高さは上空20㎞に上り、溶岩の流失はなく、大量の降砂・降灰をもたらしました。噴火は16日間続き、12月8日に収まりました。噴火による直接の死者はほとんどいませんが、富士東麓一帯を大量の焼砂が覆い、被災地は一切の生活基盤を失ってしまいました。

  伊奈忠順は寝食を忘れて孤軍奮闘しますが、復興は困難を極めます。特に降砂が深刻だった御厨地方では離散するもの餓死するものが続出し、悲惨な状況になっていました。忠順はこの状況を座視できず、幕府の貯蔵米がある駿府の米蔵を、掟を破って独断で開き、窮民に分配してしまいます。やがてこの件が幕府に知れ、役を解任されると忠順は翌年正徳2年(1712年)2月29日に急死します。一説によると。責任を取って切腹したと伝えられています。
  復興の道はその後長きにわたって続きますが、御厨地方ではこの恩義を代々伝え、忠順は“御厨の父”として当地で不忘の人となりました。

0 件のコメント: