2016年4月15日金曜日

赤山歴史自然公園工事レポート

赤山歴史自然公園俯瞰図
 
 今年の1月21日に奥ノ木市長の出席のもと、火葬施設現場で建設の起工式が行われ、いよいよ本格的な工事に着手しました。火葬施設は平成30年4月の稼働を目指しています。
 下の画像の重機やブルーシートのある辺りは火葬施設の裏側の大池ができます。それ以外にも一部の工事が始まったようです。以下報告です。
大池の工事。手前には芝生広場と歴史自然資料館、レンタサイクル施設など出来る予定。
 
 小桜幼稚園側の湿性花園と思われる辺りの工事。工事は火葬施設と自然体験ゾーンで先行しているように見えます。
 メタセコイアに似た水松(すいしょう)という木です
他にもさまざまな植栽が始まっています。
 
赤山歴史自然公園のゾーニング
 赤山歴史自然公園は計画では5つにゾーニングされています。これは川口市のHPより川口市と一体的に整備を行う首都高速道路株式会社のリリースしている計画図の方がわかりやすいので引用します。

 
赤山オアシスゾーン
 地域振興及び首都高速道路をご利用されるお客様の利便性向上の観点から、高速道路を降りずに公園や地域を散策できるよう、川口PAと公園を一体的に整備(ハイウェイオアシス)するとともに、災害時には防災拠点となる空間を予定。
<主な導入検討施設>
・進入路、駐車場
・休養施設、便益施設(飲食・物販等) 等
 
*以下イメージ画像は川口市HPから引用しました。 
ハイウェイオアシス
自然公園から見たオアシスゾーン
 
歴史探索ゾーン
赤山陣屋に代表される地域固有の歴史・文化資源や見沼に代表される近隣の豊かな自然環境等について情報発信し、公園周辺の良好な屋敷林や歴史・文化遺産に誘導する空間を予定。
<主な導入検討施設>
・歴史・自然資料館(展示解説施設、公園管理施設等)芝生広場、レンタサイクル
 
文化の庭
レンタサイクル
 
自然体験ゾーン
まとまった水面や、湿地、樹林等で構成し、多様な生物の生息空間の保全・育成を図り、家族連れや高齢者までが自然観察や自然体験等を楽しめる憩いの空間を予定。
<主な導入検討施設>
・水源かん養育成樹林
・大池
・湿性花園、湧水観察ルート
・子どもの遊び広場 等
子供向け大型遊具

 
環境学習(ナイトハイク)
地域振興ゾーン
庭木・樹木の見本園を配置するとともに、地域の案内情報の発信や特産品等の紹介を行い、環境と共生する地場産業が提供する豊かさと楽しさを体感してもらう空間を予定。
<主な導入検討施設>
・地域物産館(地域情報室、カフェ・売店)
・植木等緑化資材・農産物等直売所
・庭木・樹木見本園 等


火葬施設
建築意匠等により周辺環境との調和を図るとともに、公園利用との動線の分離や視覚的遮蔽などに配慮した、水と緑に囲まれた火葬施設を予定。

火葬施設の外観
待合ホール


オープンナーセリ
オープンナーセリは自然公園の周りにある植木畑を来園者が自由に散策できるという取り組みです。かなり大きな緑地スペースであり、自然公園の植栽とは趣が違うので、植木畑を見慣れない県外の人にとってはこれも公園の趣向として楽しめる要素になります。


オープンナーセリの入口イメージ。

自然公園の完成時期についてはまだわかりませんが、今後も進捗があったらレポートします。では。

0 件のコメント: