2017年8月11日金曜日

お女郎縁起考その6

過去の記事連載!お女郎縁起考(当会ホームページより)
http://araijuku2011.jp/%e9%80%a3%e8%bc%89%ef%bc%81%e3%81%8a%e5%a5%b3%e9%83%8e%e7%b8%81%e8%b5%b7%e8%80%83/

お女郎遭難場所と周辺図
 
お女郎の死因その2
1、の気品の高い、見目麗しい外見だった。ですが、お女郎は気品が高く美しい、身分の高い女性に見えたということなので、顔や皮膚に現れる病気、つまり梅毒や、麻疹、天然痘などの伝染病による症状は見られなかったのでしょう。もしそうなら〝美しいお女郎″という印象は持てなかったはずです。また、伝右衛門等が怪我ではなく「病重く」と見立てていることからアザ、傷、腫れなどの外傷もなく、絞殺に寄る顔の鬱血、首にひもや指の痕も見られなかったのでしょう。ただ、転倒などで頭を強打して脳挫傷になったとして、コブや傷が髪の毛の中にあり見つからなかったということもあるかもしれません。その可能性はあります。

 2、の意識が混濁していた。また意識が戻らなかったこと、ですが、伝右衛門がお女郎を発見したとき、すすり泣いていたとあることから意識があったように思いますが、伝右衛門の問いかけに一切答えられていないので意識が混濁していたと思われます。あるいはあえて質問に答えなかった可能性もありますが、その場合その後5日間も死の苦しみに耐えながら沈黙を貫いたことになり、そんなことをするぐらいなら発見される前に自殺しているでしょうから可能性は低いでしょう。死ぬまでに何も会話がなかったようすから、やはり意識が混濁して後に昏睡におちいったと考えるのが自然です。
 意識が混濁してやがて昏睡状態になるということは、先程述べたように脳に直接ダメージを受けたとか、脳に血流(酸素や糖分)が行かなくなることによって起こり、その原因は様々です。毒や極端な低血糖、高体温、低体温などによっても起こります。伝右衛門が発見した時点ではすでにお女郎は重体であり、回復困難な容態だったのです。

 3、の死ぬまでに5日間かかった。ですが、前述の通り意識混濁から昏睡状態そして死に至ったので、もがき苦しんだのではなく、ゆっくりと生命維持の機能がなくなっていったのだと思います。意識がない以上食事、水分補給、服薬も出来ないので、そのために衰弱死したとも考えられます。「3月6日午前10時不帰の客となる」とありますが、当時の死の判定は呼吸の停止なので、鼻の下に綿を置くなどして完全に呼吸が止まったことを確認したのでしょう。
 

 4、の仮小屋で治療した。ですが、伝右衛門等は何故わざわざ仮小屋を建てて治療したのでしょうか?それよりも誰かの家、どこかの建物に運んだ方が手っ取り早いですし、普通ならもっと暖かい所や清潔な所に運ぶはずです。しかし、医者が来た後もそのままそこで治療しているので、医者もその処置をもっともだと思ったに違いありません。一番考えられるのが隔離ということです。
 当時は微生物による感染などという知識はありませんから、隔離という処置だったかどうかわかりませんが、風邪が人から人へ移るように伝染病が病人との接触から移るということを経験的にはわかっていたのではないでしょうか?いわゆる邪気や穢れという概念だと思いますが、村境に道祖神が置いてあるのは病の気の侵入を阻止する意味もありますから、そのような判断で仮小屋を建てたと思います。

新井宿・石神の村境にある「姥神様」。咳の病によく効く。とか子供の病気を治してくれると言われている。

 土手山御林から仮小屋を建てた妙延寺までは約400m。石井家はその近くにあります。伝右衛門と杉山は伝染病を警戒しつつ、治療・看護しやすい距離まで運びました。伝右衛門等が細心の注意を払ってお女郎を治療しようとしたことがうかがえます。

次号に続く。
 
*この記事の一番上にホームページの連載 お女郎縁起考アドレスをクリックしていただければ、最新号以外はそこで読むことができます。また、最新話は画面右側に「お女郎縁起考」というラベルをクリックしていただければご覧いただけます。

2017年8月4日金曜日

開幕!グリーンセンターのビアガーデン実況!

 今日から開幕したグリーンセンターのビアガーデン「ビールとワインと光の夕べ」に行ってきました!感想は一言。
 
こりゃあええわい!!

 18時開店。入場は正門から。まだまだ明るい。でも結構人が来ています。

  テラス席予約の方はまずレストラン緑屋の中で受付をします。当日でも20席用意していますので、ご希望の方はここで問い合わせてください。

 テラス席。すでに満席でした。出だし上々ですね。
  テラス席のお客はレストラン緑屋の中にセルフの飲み放題コーナーがあります。ビールサーバーやワインサーバー、ソフトドリンクなどがあります。

 ウインナーの盛り合わせ。テラス席ではレストラン緑屋の厨房から直接料理が出てきますので本格料理が堪能できます。
このオードブルはテラス席客用のアトラクションです。どういうことかというと。

 端にある小鉢を摂って、このプラレールの電車が1周するまで詰め込むことができます。
こんな感じになります。

 こちらは飲み放題とは別のオーダーワイン。
 このワインの要となるのがワインソムリエの河村店長。B’zの稲葉に似ているイケメンです。
 河村店長お勧めのニュージーランド産ヴィラマリアというワインをごちそうになりました。フルーティーでスッキリ!夏によく合うワインです。
一生懸命ワインを進める河村店長。行った際にはぜひお声がけください。
テラス席はプレミアム感たっぷりです。
 薄暮になって益々雰囲気が出てきました。
 一方こちらはフリー客用の売店です。芝生広場でライトに楽しむ人はこちらでビールやつまみを買ってください。
 ジュースとお菓子もあります。
 アイスもあります。
 売店のメニュー。
暗くなるにつれてLEDのタワーが映えます。
 大温室にも明かりが。
 大噴水の前には思い思いに楽しむ人々が。子供もたくさんいました。
何といっても夜のGセンターにタダで入れるのが素晴らしい!しかもイルミネーション付き。こりゃあ行かない手はないな。

以上報告でした。

2017年8月2日水曜日

そば・うなぎ・割烹・小料理 「います家」

います家。とても目立っていてわかりやすい。
 
 今回は安行花山下の老舗、います家(そば、うなぎ、割烹、小料理)さんを紹介します。
 花山下の交差点と言えば、地元では渋滞することで有名な交差点ですが、います家さんはその交差点の南側に見える、古民家チックな手打ちのお蕎麦屋さんです。

 内観。和風で落ち着いた雰囲気。レトロ感はあります。
 お座敷。かなり広いので、大人数の宴会にも対応できます。
カレーそば。シンプルに美味しい。小食な嫁さんがめずらしく完食しました。漬物も美味しかったです。
 
  鴨汁そば。個人的にはこれがイチ押しかなぁ?鴨汁がとっても美味しいです。自然薯そばも出来ますが、二八そばが十分うまいので満足です。
 二八セット。ボリュームが満点です。
   ランチメニュー。基本は日替わりですが、豚ロースとんかつ定食は毎日あります。また、金曜日はかつ丼、二八おろしぶっかけそばの定食があります。そばはもちろん美味しいですが、ご飯ものが美味しいのがここの良いところ。以前日替わりにチキンライスが付いてきましたが、メチャメチャ美味しかったです。蕎麦屋なんですけどね。
 食後のデザート。なぜか水ようかんが単品(130円)であります。すごくおいしいです。
 そばのメニュー。
 うなぎ、丼物のメニュー。かつ丼や親子丼もうまいですよ。
ドリンクメニュー
   外壁に大書しているのでわかりますが、います家さんの押しは「自然薯そば」と「うなぎ」です。自然薯そばは二八そばに笠間産の自然薯を練りこんでおり、太めの平打ち麺が汁によく合います。うなぎは今回は食べられなかったですが、次回はぜひ食べたいです。
笠間産の自然薯。細くて長~い!
  います家さんはここでお店を開いて54年になります。先代のお母さまが居酒屋のような店を開いて、拡張したときに蕎麦も始めたそうです。その先代の名前が「いま」だったので「います家」と付けたそうです。
 
30年ぐらい前のいます家。店の入り口が真ん中にある。
 
基本情報
います家
(そば・うなぎ・割烹・小料理)
住所 川口市大字安行653
TEL 048-296-2471
定休日 月曜日
営業時間 11~14時と17~20時
座席 20席
座敷あり 最大40名
駐車場 7台
ランチメニュー
日替わりランチ
豚ロースとんかつ定食1200円*毎日
金曜定食(600円)
●旨味カツ丼、椀子そば、みそ汁、香の物
●二八おろしぶっかけそば、おにぎり、香の物
お知らせしたいこと
〇法事・宴会など要相談。お気軽にお電話ください。
〇出前もやっています。*半径2㎞ぐらいまで