2018年8月5日日曜日

街のすごい人―根付彫刻家 多々羅幽山さん

 多々羅幽山(本名誘蔵)氏
当会は新井宿周辺の話題なら名所やお店、イベントなど、だいたい取り上げてきましたが、そういえば人物は取り上げてないなと思っていたところ、会の重役から道合に根付彫刻ですごい人がいるので、取材してみては?とのオファーがあったので行ってみました。
  多々羅幽山氏。根付彫刻の世界では著名との事ですが、私らにとっては別の意味で有名人です。名前とお顔を見ておや?っと思う人は少なからずいるはずです。そう、多々羅氏は神根小学校南門の坂下にあった「たたら文具」の店主だったのです。もう8年ぐらい前にお店を畳みましたが、神根小学校関係者にとっては忘れることのできないお店でした。それがなぜ根付彫刻などを?と思いましたが、その前に「根付」とは何か?ということを一応説明します。
 これは当会会長が多々羅氏より頂いた根付ですが、今で言うストラップみたいですね。Wikipediaによると、「根付(ねつけ、ねづけ)とは、江戸時代に煙草入れ、矢立て、印籠、小型の革製鞄(お金、食べ物、筆記用具、薬、煙草など小間物を入れた)などを紐で帯から吊るし持ち歩くときに用いた留め具。江戸時代から近代にかけての古根付と、昭和、平成の現代根付に大別される。」
 「製作国の日本以上に、日本国外では骨董的蒐集品として高く評価されている。日本では郷誠之助と高円宮憲仁親王とが蒐集家として著名である。2人が遺した膨大な蒐集品は、いずれも東京国立博物館に寄贈され、その名を冠したコレクションとして所蔵されている。 」
犬の根付(虎渓作)ウィキペディアより
使用例(ウィキペディアより)
う~ん。想像以上に凄い世界ですね。そんな根付の世界で多々羅さんは華々しい活躍をされています。多々羅さんの根付師経歴を紹介しますと。
 
生年 昭和22年
 
平成10年 日本象牙彫刻会教室に入学・宮澤良舟・斎藤保房に師事
平成11~23年 日本の象牙彫刻展15回入選
平成12年7月 日本象牙彫刻会に入会
平成14年4月 日本象牙彫刻会理事
平成15年11月 第7回日本象牙工芸展出展
平成20年4月 日本象牙彫刻会副会長
平成22年1月 第22回鳩ケ谷市美術展覧会 鳩ケ谷市長賞受賞
平成22年9月 第33回日本の象牙彫刻展 文部大臣賞受賞
平成22年12月 第23回鳩ケ谷市美術展覧会 鳩ケ谷市美術家協会賞受賞
平成24年4月~ 日本象牙彫刻会教室講師
平成28年9月 第39回日本の牙角彫刻展 東京都知事賞
現在に至る。
 
大変な功績ですね。


作品の一部
専門誌に載った作品
多々羅さんの工房。文具店を畳んだ後に作ったそうです。
 
多々羅さんは美術に造詣が深かったわけでも、根付彫刻に興味があったわけでもないそうです。人生半ばを過ぎ、何か残ることをしたい、物づくりを通じて自分の意思を伝えたいと思って、そういうものを求めた末に根付彫刻にたどり着いたそうです。しかし、50歳を過ぎて始めたにしては凄い経歴です。
 
そんな多々羅さんの作品をじかに見ることができます。興味のある方は見に行ってください。
 
2018根付彫刻展
池袋西武百貨店6Fアートフォーラム
10月10日~16日

以上、第1回「街のすごい人」報告でした。

2018年8月3日金曜日

開幕!グリーンセンタービアガーデン2018

 
恒例のグリーンセンタービアガーデンが今年も開幕!早速行ってきました。
 
*詳細情報はこちら↓
「グリーンセンタービアガーデン2018」


今年は異常に暑い!夜でも暑いのでどうかと思いましたが、6時過ぎともなると風が出て過ごしやすかったです。飲み放題、食べ放題プランにて生ビールにつまみをガンガンいきました。デパートのビアガーデンですと、つまみのクオリティが低くて、その割に高いことが間々ありますが、そこはグリーンセンターのレストラン。とっても美味しかったです。

 テラス席から見るイルミネーション。やはりロケーションはそこらのビアガーデンでは味わえません。
ライトアップされた花壇広場。初日とあって広場に来る人は少なかったですね。花壇広場はフリー入場なのでお子さんを連れて行けば喜びます。売店もありますが持ち込みもOKだそうで、ファミリーで来たいですね。

今年は異常な暑さなので、テラス席の予約はまだまだ空いているそうです。夜のグリーンセンターは街中より涼しいので、ぜひ涼みに行きましょう。何といっても入園料は無料ですので。予約状況の確認は下記へどうぞ。

お問い合わせ・予約048-282-2167(レストラン緑屋)


2018年7月13日金曜日

グリーセンタープール開幕、ホタル観賞の集いお知らせ

明日から(7月14日~9月2日)グリーセンタープールが開幕します。また、ホタル観賞の集いは7月21日(土)、22日(日)になります。
 
プールの詳細はこちらで↓
 
 
ホタル観賞の集いは入園無料です。正門から入場してください。

2018年7月10日火曜日

日光御成道「夏の陣」鳩ヶ谷宿2018に行ってきました。

日光御成道「夏の陣」鳩ヶ谷宿2018

新井宿駅と地域まちづくり協議会の
「かみね野菜直売」と
新井宿発プレミアかき氷「夏みかんシロップ」
の販売があったので
鳩ヶ谷宿の『地蔵院会場』に行ってきました。


以下、いろいろ写真報告です。


開催は6/30、7/1の2日間、
あいかわらずの猛暑な会場でした。


1日目の開会式の様子。新藤さん。


市長のあいさつ。左後ろ当会会長、Z・・まさかの・・・by(o先輩の写真です。汗)
晴天すぎて、まぶしいのかと。不謹慎ではありません。
あしからず。


今年は「ちびっこ広場」登場。家族づれで賑わいます。


当会ブース発見!暑すぎるので「氷」の一文字に惹かれるように、かき氷機の前に。



新井宿発!「伊藤さんちの夏みかん果肉入りシロップ」
なんと・・・かき氷がとぶように売れている!!!
果肉のつぶつぶ感と酸味が絶妙な味。
おいしくてひんやり~😊


※ちなみにこの後、6kgつくったシロップは、
完売したそうです。


日陰で涼し~く、かき氷最高~!
いつもゆかいなAさんとファミリーに遭遇!
「撮って~」とリクエストにお応えする。


かみね野菜直売、こちらも売れてました。


「葉っぱつき人参」が珍しいと
買っていく人が多かったそうです。


「ゆかた」の美女もたくさんいました。


当会メンバーの和菓子の「中ばし」さん出店中でした。
低カロリーのとけないアイス「くずバー」お試しあれ。


こちらはステージイベント。
歌・バンド・ダンスなどやっていました。


ナオミ・タイガー
手品っぽいパフォーマンスが、結構面白かった。


お習字もやっていました。

カラフル。Iさん

「夏みかんシロップかき氷」来年も食べに来てね。以上、報告でした。


しかし、毎年暑すぎるよ。「夏の陣」
日に焼けた・・・








2018年7月2日月曜日

グリーンセンタービアガーデン情報2018


一昨年、昨年と好評だった「グリーンセンタービアガーデン」が今年も開催します!。日本一のロケーションで贅沢なひと時を!

開催日
8月の毎週金曜日と土曜日
*8月3・4・10・11・17・18・24・25・31・9月1日
営業時間
18時~21時半(ラストオーダー21時)
入園は無料です
お問い合わせ・予約
048-282-2167(レストラン緑屋)

内容は前回同様
☆グリーンセンターレストランは予約・当日席
☆それ以外は芝生広場を開放(売店があります)

*昨年の様子。詳しくはこれを見てください↓
開幕!グリーンセンターのビアガーデン実況!
http://araijyuku.blogspot.com/2017/08/blog-post_4.html

レストランとテラス席。こちらは90分飲み放題、食べ放題のプランです。ぜひ予約を!
 こちらは芝生広場の様子。ライトアップされた噴水と青いイルミネーション。売店で飲物、食べ物を買って思い思いに過ごします。子供も喜びます。
レストランでは本格メニューが堪能できます。
 
以下メニュー
飲み放題プラン

お料理メニュー
ドリンクメニュー
デザートメニュー
ワイン

2018年6月23日土曜日

豊産園ブルーベリー摘み2018

 今年もこの季節がやってまいりました。石神の豊産園さんのブルーベリー。いや、もうハイブッシュは終わってしまったそうですが。(いつの間に!)しかし、7月に甘いラビットアイの収穫体験ができます。昨年は3分の1ぐらいの出来でしたが、今年は平年並みだそうです。ブルーベリー畑はきれいなので、一度は見に行きましょう!

豊産園のブルーベリー摘み
 
期間   ハイブッシュ種  6月中旬*もう終わったそうです。
      ラビットアイ種    7月10日頃から*以後1か月ぐらい
*作柄によって時期は変わります。
 
営業日 火・木・土 の9時~11時
*作柄や来園人数によっては途中で終了とさせていただきます。
 
入園料 中学生以上 250円 小学生 100円 6歳未満 無料
 
料金   100グラム150円    パック詰め 1000円(400g)
 
連絡 豊産園(高橋)048-296-2315 携帯090-3042-8044
           住所 〒333-0823 埼玉県川口市石神1380
 
*ブルーベリー摘みはあらかじめ予約状況や作柄などを聞いておいた方が良いです。来ても来園者が一杯でお断りされることもあります。

 とても美しいブルーベリー畑。見るだけで価値があります。
 ブルーベリーの実。ブルーベリーの白い粉は、ブルーム(果粉)と呼ばれ果実が自分を保護して乾燥を防ぐために分泌します。 もちろん食べても全く問題ありません。 ブルームは、新鮮で完熟した果物ほど多いので美味しさの目安になります。 手でこすったり、果物同士がぶつかってもとれてしまうので、ブルームが付いている果実は丁寧に収穫され・輸送されたといえます。 そのため、ブルームが残っているものほど市場価値が高く、高級と見なされます。(ブルーベリー地頭農園サイトより)
 計量の様子。皆さんかなり採っていきます。ここのはとても美味しいそうです。

 ブルーベリー摘みの利用案内。駐車場は4台ぐらいしかありません。しかし、赤山歴史自然公園イイナパークに隣接しているので、そこに停めて行けばよいと思います。
昨年の様子
豊産園のブルーベリー摘み
http://araijyuku.blogspot.com/2017/07/blog-post_18.html

2018年6月21日木曜日

お女郎縁起考 大宮宿編その4

過去の記事
お女郎縁起考 「お女郎の旅編」とその続き「大宮宿編」
http://araijuku2011.jp/category/%e9%96%a2%e6%9d%b1%e9%83%a1%e4%bb%a3%e4%bc%8a%e5%a5%88%e6%b0%8f%e3%81%ae%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%90%e5%b9%b4/%e3%81%8a%e5%a5%b3%e9%83%8e%e7%b8%81%e8%b5%b7%ef%bc%88%e7%9f%b3%e7%a5%9e%e5%a6%99%e5%bb%b6%e5%af%ba%ef%bc%89/

神道徳次郎と大宮宿
  広域盗賊団の神道徳次郎一味は大宮宿に隠れ家を構えていた。関東中で強盗を働いていた徳次郎達だから他にも隠れ家があったのかもしれませんが、唯一判明しているのが大宮宿なので、ここを拠点として数々の悪事を働いていたのでしょう。その隠れ家が四恩寺というお寺で今も残っています。
四恩寺。ここの閻魔堂を隠れ家にしていたが、寛政元年4月にここに潜伏しているところを鬼平に捕縛された。
 現在の閻魔堂。階段を上がったところに閻魔大王の像がある。
 
  徳次郎達はなぜ大宮宿を隠れ家にしたのでしょうか?考えられるのが、徳次郎は盗んだ物品を部下に売り捌かせていたので、売り捌くには巨大市場である江戸が最も適しています。大宮宿は中仙道の4番目の宿場で、板橋宿へは20km、日本橋へは30kmと売り捌きに行くには程よい距離です。また、江戸では様々な情報が集まるので、関東を荒らし回っている自分たちへの噂や幕府の動向なども部下に探らせていたのだと思います。これだけ派手に犯行を重ねているので、いつか幕府が本腰を入れて自分たちを捕まえに来ることも当然予想していたはずです。徳次郎が賢いのは関東の村々は襲っても、江戸では犯行をしていないところです。江戸府内で犯行をすればお上が黙っていないと考えていたのでしょう。半面村々や街道筋の宿場に対しては舐めていたようで、見境なく町屋や村を襲ったり、役人を装って関所を通過したり、宿場でも役人に対し御用であるとうそぶくなど、ふてぶてしい態度を取っています。そんな徳次郎にとっては大宮宿の役人など何とも思っていなかったに違いないのです。
徳次郎と千鳥
そんな徳次郎ですが、一応は宿場の人々に正体がばれないように商人と偽って盗んだ金で豪遊していたので、大宮宿の人々はガラは悪いが大身の商人の若旦那とでも思っていたのでしょう。
しかし柳屋の女郎千鳥を見染ると、次第にその本性を現していきます。柳屋の主人にいくらでも金を積むといって千鳥の身請けを迫ると、返事を先延ばしする柳屋に業を煮やし、数々の嫌がらせをします。店の前に手下を張らせ来る客に喧嘩を吹っ掛ける。店の入り口に閻魔像を置く。あげくに店に火をつけると脅したのです。
徳次郎が嫌がらせのために柳屋の前に置いたという。 

  冷静に考えれば、そんな目立つことをすれば、宿場の人々の噂になり正体が露見するとも限りません。また、身請けしたところで盗人であることが千鳥に知られれば役所に駆け込まれる恐れもあります。どう考えてもうまくいくはずがありません。大盗賊の頭目ともあろう者がそれをわからないはずがなく、にもかかわらずこのように尋常ならざる行為を繰り返したのはなぜなのか?女郎一人などどうにでもなると驕ったのか?宿場の連中など何もできないとタカをくくっていたのか?あるいは大盗賊のプライドなのか?僕は徳次郎は本気で千鳥に惚れてしまったのだと思います。身の危険も顧みず物狂いする姿は、恋に焦がれる一人の若者に見えます。おそらく徳次郎は大盗賊の頭目の用心も自制心も吹き飛ぶほどの激しい激情に駆られてしまったのです。
 
柳屋と千鳥の実像
では徳次郎がこれほどまでに恋焦がれた千鳥とはどんな女性だったのか?
街道一の美貌、男なら一夜でも仮寝の共をしたいと思うほどの人気、今でいえばトップアイドルのようなもので、大宮宿にとっては宿場の評判を上げてくれる貴重な存在でした。しかし、千鳥とその妹の都鳥は所詮哀れな女郎。借金の方に売られ、返済が住むまで馬車馬のように働かされる身分です。女郎、宿場女郎は別名飯盛女(めしもりおんな)と言います。
東海道五十三次「赤阪」歌川広重。飯盛女が描かれている(ウィキペディアより)
 
*飯盛女とは?
江戸時代、五街道をはじめ各街道の宿場には旅人を泊める旅籠がたくさんありました。時代が下るにつれ交通量が増えると、宿場間で客の取り合いとなり、旅人の夜の相手を務める女郎を置くようになりました。この女郎のことを飯盛女と言い、飯盛女のいる旅籠を飯盛旅籠といいました。飯盛女は読んで字のごとく旅人の給仕をする女性ですが実態は女郎です。なぜこんな呼び名になったのかというと、お上をごまかすためなのです。
幕府は宿場の風紀を正すため、宿場での女郎の数を厳しく制限しました。例外はありますが飯盛旅籠一件につき2名が基本でした。しかし宿場にとっては女郎の数が宿場の繁栄、引いては財政も左右することから何人でも女郎は欲しい。そこで女郎を飯盛女(給仕係)と偽って置いていたのです。ですから飯盛女といえば女郎なのです。なぜそこまで女郎が重要だったかというと、背景には当時の旅が公用であれ私用であれ、旅は男性がするものだったからです。女性は「入り鉄砲出女」と言われるように、幕府は女性が関所を越える際に厳しくチェックするなどして結果的に女性が旅をしにくくさせていたからです。女性が男性並みに旅をするようになったのは江戸時代も後期になってからの話です。
 
 千鳥と都鳥が女郎だったと言っても、伝説に描かれている様子からは不幸な女郎というイメージはあまり感じません。2人は幼いころに親に捨てられ、宿場の人に育てられ、その養親が死んで残した借金のために柳屋に買われたことになっています。しかし、元々柳屋に拾われ育てられ、柳屋の主人が病弱だったため借金がかさみ、自ら進んで女郎になったという説もあります。似たような話ですが、流されるままに女郎になったのと自ら進んで女郎になったのでは大きく違います。どちらが正しいのでしょうか?
女郎となった姉妹はたちまち評判となりました。柳屋の主人としては、これから稼げる限り稼いでもらいたいと思うのが常識ですが、彼は材木屋の若旦那との交際と婚約をあっさり認めてしまっています。また、徳次郎が横恋慕し、再三脅迫を受けても千鳥を守ろうとしています。借金の方に取った女郎なら、金さえ積めば悪党だろうと何だろうと引き渡してしまってもおかしくはないのに、それを言を左右にして引き延ばしています。やはりこれは柳屋自身が姉妹の育ての親だったように思います。柳屋は幼い姉妹を引き取って育てた。しかし彼は病弱なために借金がかさんでしまった。姉妹は育ててもらった恩を返すために自ら進んで女郎となった。こんな関係が浮かんできます。
 柳屋にとっては姉妹は実の娘も一緒。姉妹にとっては柳屋は実の親も一緒。お互いどんなことをしても助けたかったに違いありません。柳屋は千鳥を幸せにしてあげたかった。材木屋の若旦那と一緒にさせてあげたかった。そんな千鳥をなかば殺されたような形で失ってしまったのです。悲しみはいかばかりだったでしょう。また、婚約者を失った若旦那もしかりです。そしてさらに大宮宿の人々にとっても同様だったはずです。
 千鳥の自害は大宮宿の人々に大きな衝撃と悲しみをもたらしました。やがてそれは恨みとなって徳次郎に向けられることになります。徳次郎の横恋慕は盗賊団の壊滅と人生の終焉へとつながっていったのです。

次号へ続く

2018年6月15日金曜日

流しそうめん&ジャガイモ掘りのお知らせー赤山陣屋の会

 赤山陣屋の会の毎年恒例、夏の超人気イベントの「流しそうめん&ジャガイモ掘り」のお知らせです。
 
日時   7月1日(日)10時30分~14時

場所   赤山陣屋の会イベント広場

参加費  大人1500円(ジャガイモのお土産付き)
      小学生 500円(幼児は無料)
                幼児 無料

定員   60名(定員になり次第締め切ります)

内容   ジャガイモ掘りー流しそうめんーランチ
      *ランチの内容はお楽しみです。
      *七夕飾りをやります。お飾りを作ってきてね。

お申込み 電話・FAX 048-296-0579(田中まで)
 
長~い竹を割ってそうめんを流す。冷たくて美味しい!この後ランチもあります。
この時期の畑はむわっと蒸し暑いので汗をかきます。あと虫よけ、虫刺されの薬は忘れないでね。
赤山城跡は江戸時代の大代官伊奈氏の居館。堀跡が往時を偲ばせます。
城跡のお堀が綺麗なのも、彼方此方にお花が咲いているのも赤山陣屋の会さんが手入れをしているからです。
会場の隣には自由に見学できるオープンガーデンがあります。水車が目印です。
 
超人気イベントなので、お申し込みはお早めにね!