2018年2月21日水曜日

お知らせーシンポジウム「庭ー創造する思想」

当会メンバーよりお知らせです。
 
 シンポジウム「庭ー創造する思想」
 
平成30年3月11日(日) 13:30~16:30(開場13:00)

会場 埼玉県立近代美術館2F講堂
定員 100名(無料、申し込み不要、当日先着順)
主催 日本庭園協会埼玉支部、SMF、埼玉県立近代美術館
お問い合わせ先 090-3092-4950(日本庭園協会埼玉支部)
048-824-0110(埼玉県立近代美術館)

内容
 「本シンポジウムでは、様々な素材や技を駆使して「場」の生成に取り組んでいる専門家の方々をお招きし、個々の活動についてお話していただくとともに、「庭」という場の捉え方や、空間に対する眼差しの違いをあぶりだしていきたいと思います。そして最終的には、会場の聴衆を交えた討論を展開し、「庭」が内包する創造性と思想の一端が明らかになることを期待しています。多くの皆様のご来場をお待ちしております。」

基調講演「作庭観」13:30~14:00
河西 力(作庭家)

パネリストによるプレゼンテーション14:00~14:45
高橋良仁(作庭家・日本庭園協会埼玉支部)
絹谷幸太(彫刻家)
佐野哲史(建築家・Euireka共同主宰)

ディスカッション14:00~16:30

AGC新井宿駅と地域まちづくり協議会には多くの植木屋・造園業の人がおり、この情報は日本庭園協会に所属するメンバーから寄せられたものです。興味のある方は是非行ってみてください。
  



0 件のコメント: