2018年4月28日土曜日

お女郎縁起考 大宮宿編その3

過去の記事
お女郎縁起考 「お女郎の旅編」とその続き「大宮宿編」
http://araijuku2011.jp/category/%e9%96%a2%e6%9d%b1%e9%83%a1%e4%bb%a3%e4%bc%8a%e5%a5%88%e6%b0%8f%e3%81%ae%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%90%e5%b9%b4/%e3%81%8a%e5%a5%b3%e9%83%8e%e7%b8%81%e8%b5%b7%ef%bc%88%e7%9f%b3%e7%a5%9e%e5%a6%99%e5%bb%b6%e5%af%ba%ef%bc%89/

鬼平、長谷川平蔵宣以(のぶため)


 
コミック版鬼平犯科帳(リイド社)さいとう・プロダクション公式サイトより
 
巨盗、神道徳次郎を捕らえた長谷川平蔵ですが、鬼平犯科帳のイメージが強すぎて、その経歴を知る人は少ないかもしれません。


長谷川平蔵経歴


延享2年(1745)    旗本長谷川宣雄の嫡男として生まれる。
明和5年(1768)23歳 将軍家治の御目見え。
安永元年(1772)29歳 父宣雄が京都西町奉行に就任し、平蔵も妻子とともに赴く。
安永2年(1773)30歳 父死去のため家督を相続する。
安永3年(1774)31歳 西の丸御書院番士。
天明4年(1784)39歳 西の丸御書院番徒歩頭。
天明6年(1786)41歳 御先手組弓頭
天明7年(1787)42歳 御先手組弓頭加役の火付盗賊改方長官に就任
寛政元年(1789)44歳 神道徳次郎一味を捕縛。(4月)
            老中・松平定信に石川島人足寄場設置を建言。
寛政2年(1790)    加役人足寄場取扱を拝命。(2月)
寛政3年(1791)46歳 葵小僧を逮捕。
寛政7年(1795)50歳 5月19日死去。
(Wikipediaより)

  鬼平犯科帳でお馴染みのように、平蔵は若いころは名うての不良で「本所の鐵(てつ)」呼ばれと恐れられていました。また、父がせっせと貯めた財産を遊郭通いや派手な生活で使い果たすなど、放蕩無頼の青年時代を過ごしました。しかし、経歴を見ると順調に出世を遂げており、41歳で武官の最高位である御先手組弓頭(おさきてぐみゆみがしら)に任ぜられていることから非常に優秀な人だったことがわかります。そして火付盗賊改長官を兼務(加役)すると、神道徳次郎や葵小僧といった大物の盗賊、凶賊を次々召し捕りました。また、的確で人情味あふれる仕事ぶりは庶民から非常に人気がありました。

石川島人足寄場
 そして意外なことですが、民生官でもない平蔵が無宿人たちのために石川島に人足寄場を設立しています。当時無宿人と言えば犯罪者予備軍扱いで、佐渡金山に送られて過酷な労役に従事させられることになっていましたが、平蔵の人足寄場はこれら無宿人を更生・社会復帰させるための施設で、職業訓練や労務に対する級金の支給、そしてそれを貯金させ更生資金に充てさせるなど、当時としては異例の手厚い更生施設でした。悪事は決して許さないが、犯罪者とならざるを得ない彼ら境遇には同情していたということでしょう。平蔵の人となりを示す事実です。
 また一面、この人足寄場を設立するにあたって老中松平定信が資金をケチったため、運営資金が不足すると、平蔵は幕府から資金を借りて銭相場に突っ込んで、その利益を運営費に充てました。当時も今も公金をこのように勝手に運用することは許されないことですが、金を出し惜しみした手前、松平定信もしぶしぶ了承していたようです。しかし、潔癖症の定信は平蔵を嫌っていたらしく「山師などと言われ兎角の評判のある人物」と評していたそうです。しかし、いざというときにはその辣腕を発揮して型にとらわれず結果を出すというところも平蔵の人となりで、当時の形式主義、前例主義の武士たちとは一線を画しているところです。



永代橋から見る佃島リバーシティ。かつて人足寄場はここにありました。

火付盗賊改めとは?

 さて、平蔵といえば鬼の平蔵、悪党どもを震え上がらせた火付盗賊改のお頭としての立場がイメージとして定着していますが、火付盗賊改めというのはどのような職だったのか調べてみますと、火付(放火)、盗賊(強盗団)といった凶悪犯罪専門の取締官で、代々御先手組頭が兼務しています。江戸の治安は町奉行所が取り締まっていたのですが、彼らはあくまで警察官。コソ泥や殺人犯を捕まえることもあれば、民事訴訟を裁くこともある民生官でした。対して火盗改めは御先手組頭が兼務する役職と言いましたが、この御先手組というのは幕府の常備軍、しかも先陣を切る最精鋭部隊のことを言います。つまり超エリートの軍組織なのです。江戸時代も中期になると凶悪で広域、しかも武装した組織犯罪が増えてきました。それらは往々にして証拠隠滅のために放火することが多かったので、町奉行では対処しきれなくなってきました。火盗改めはそれに対応するために作られた組織だったのです。おのずと捜査や取り調べが荒っぽくなり、幕府内や庶民から嫌われたりもしました。
 平蔵がそれまでの火盗改め以上にばんばんと凶悪犯を検挙できた理由としては、頭脳明晰、剛毅果断な性格と能力の他、本所の鐵として恐れられていた若いころの経験が大きかったと思います。そのおかげで庶民の生活や世情に明るかったこと。また、犯罪事情に精通していたことが大きく寄与しています。そして、このことが捜査に不可欠な優秀な目明し(密偵)を多く召し抱えることができた理由でした。鬼平犯科帳では五郎蔵やおまさといった人たちですが、目明しの素性は元犯罪者であることが多く、犯罪者だったが故、その筋の情報に明るく、また情報ネットワークを持っていました。優秀な目明しがいればいるほど検挙率が上がったのです。ただ、人足寄場の資金稼といい、身分卑しき目明しを多数召し抱えたことといい、このようなやり方は同僚や幕閣からは不興を買っていたようで、これ以降出世からは遠ざかったようでした。
 この長谷川平蔵がなぜ北関東を荒らし回っていた神道徳次郎を検挙で来たのでしょうか?それには大宮宿の女郎の千鳥の事件が大きく関わっていると思うのです。

次号に続く

*参考資料・文献「鬼平 長谷川平蔵の生涯」重松一義、さいとう・プロダクション公式サイト、Wikipedia


2018年4月27日金曜日

春キャベツ収穫体験開催のお知らせ!


今年で5回目!になりました。

春キャベツ収穫体験販売
日時:5月19日(土曜日)9時~12時
会場:園芸センターヤマオカさんちの畑

※雨天中止、畑地の状態によっては中止になることもあります。

やわらか、おいし~い春キャベツを畑から収穫。
かみね野菜の直売もあります。
お気軽に、遊びに来てくださいね。

詳しくはホームページをごらんください。

2018年4月23日月曜日

(ARTISAN)FARMERS MARKET KAWAGUCHIに【かみね野菜】を出品します。

(ARTISAN)FARMERS MARKET KAWAGUCHIとは

地域の生産者が集まり、自分のつくったモノを持ち寄り、
直接販売するスタイルのマルシェ♪

日時
5月12日(土)10時~17時
5月13日(日)10時~16時
雨天決行

開催場所
大泉工場敷地内
川口市領家5丁目4番1号

入場は無料です。
かみね野菜初登場します!
是非遊びに来てくださいね。

その他
野菜・加工品販売、クラフト、キッチンカー、
ワークショップなど。





2018年4月18日水曜日

第1回川口パンフェスティバルに新井宿「hoppe*hoppe」が出店します。


第1回川口パンフェスティバル


開催日:4月21日(土)22日(日)開催場所:川口アリオ



新井宿ではおなじみのパン屋さん
「hoppe*hoppe」ほっぺ*ほっぺも出店!

新井宿産の夏ミカンを使用した
夏みかんぶれっど】【夏みかんぱん】を
中心としたパンを販売します!


夏みかんの香りがいっぱい♪のパンです。

期間中はHoppe*hoppe内でチラシ配布しています。
お気軽にお声掛けください。



※「hoppe*hoppe」ほっぺ*ほっぺは
22日(日)のみ参加です。


売り切れ次第終了です。



JCOMでパンフェスティバルの紹介が放映されます。

◆「デイリーニュース川口・戸田」 

◆4月18日(水)

①18:00~ ②20:30~ ③23:00

◆地デジ11ch「J:COMチャンネル」
◆川口・戸田市内のケーブルテレビ
J:COMサービス提供エリアで放送


「パン好き必見!」のパンのイベント。
いろいろなパンが楽しめるパンフェスに行って美味しいパンをチェックしよう!


「hoppe*hoppe」
川口市西新井宿南原103-4
TEL 048-286-5733

2018年4月17日火曜日

第7回バスツアー「桜の比企秩父を巡る」報告

4月7日第7回歴史バスツアー「桜の比企秩父を巡る」に行ってきました。当初雨の予報でしたが、何とかまぬがれ、最後まで無事楽しく帰ってきました。ただ、桜が全く咲いていなかったので閉口しましたが。
最初の立ち寄り先は東秩父村の「和紙の里」。世界遺産の細川紙がテーマの道の駅です。
 かつて和紙を作っていた古民家。昔はこのような民家で家庭内工業として和紙を作っていたことがわかります。
 細川紙の歴史や東秩父村の歴史がわかるギャラリー
最近できた農産物直売。この他和紙製品のお土産屋や手漉き体験ができる製作場などがあります。
和紙の里を出て、途中酒蔵により、昼食をとる。そして午後は寄居にある県立川の博物館に行きました。
 川の博物館のシンボルである巨大水車。
 一同余りの大きさにびっくり
 川の博物館は荒川の歴史や文化、人々の暮らしなどわかりやすいビジュアルで展示してあります。この写真は山から伐りだした木を即席のダムを作って、水の手を切り、その水勢をもって丸太を一気に流す「鉄砲堰」の実演。すごい迫力。
今回のテーマである「荒川の西遷」についてもここで学びました。館内に入ると最初に伊奈忠次の人形が荒川の西遷について解説していたので、とても分かりやすいです。

今回使った教材(資料は荒川上流河川事務所より)
*タイトル下のURLをクリックすると荒川上流河川事務所作成のPDFに飛びます

荒川の瀬替え
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000659524.pdf

荒川の水運
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000670423.pdf

荒川の洪水
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000670309.pdf


 そもそも荒川の西遷は武蔵国東部低地の洪水防除とその辺りの耕地化、江戸の洪水防除、秩父地方との水運を開くなど、家康・忠次の関東のグランドデザインの一環として施工されました。その結果、入府当時の関東の諸課題の多くが解決しました。無論それが完全無欠ではなく、荒川が西に移し替えられたおかげで、荒川右岸(西側)の地域は氾濫原に設定され、これ以後しょっちゅう洪水の被害に悩まされることになるのです。しかし、利根川東遷や荒川の西遷を徳川幕府や伊奈家が異常な情熱と費用と時間を費やして、この400年前に行っていなかったならば、後の治水や開発はより困難を伴うものになり、特に東京は治水上決定的な欠陥を抱えたままになっていたことでしょう。今日首都として機能を果たせているのは、じつに先人の血と汗の賜物なのです。重機もコンクリートもない時代にこの大事業を成し遂げた彼らは、偉人中の偉人と言ってよいでしょう。


 川の博物館を後にして向かったのが長瀞の宝登山神社。ここには400年前伊奈忠次が献木した桜が植わっています。徳川家康が関東に入府した当時、全く見知らぬ土地で、しかも小田原の北條氏が滅ぼされた直後とあって、民心をどう治めるかが最も重要なテーマでした。北條氏の遺臣、在地土豪、中でも寺社勢力は大きな勢力を持っていて、対応を間違えるとたちまち反乱の求心力と化す恐れがありました。何しろ家康自身、三河の一向一揆で存亡の危機に立たされた経験があるので、とりわけ慎重に懐柔しなければならないとの意識が強かったのです。そこで寺社政策を任された忠次は、寺社に領地や無租税地を与えたり、社殿を再建したりと、大変に気を使いました。その一環としての桜の献木だったのです。秩父ではこの他、秩父神社や三峰神社にも同様のことをしています。

 伊奈桜の前で記念撮影。後ろにあるのが伊奈桜の2代目。あまり元気がないので、今は孫植えをしています。
宝登山神社拝殿。足の達者な人は参拝に行きました。

その後長瀞に移動しました
 岩畳の上に立つ
 桜が咲いていればなぁ、と残念に思います。
 時間をたっぷり取ったので、お土産を存分に買い込む
長瀞の駅舎、インスタ映えしますなぁ

最後に花園フォレストに寄りました。ここはバラ園と洋菓子のリゾートランドです。
門をくぐるとバラ園ですが、、。
 残念ながら薔薇も咲いていませんでした。
しかし、焼き菓子のアウトレット、ケーキなどの生菓子、ピザとケーキのビュッフェ、喫茶コーナーなど。お土産とスイーツを堪能しました。疲れが取れました。

この後天候が悪化したので、時間を繰り上げて帰途につきました。予定より30分早く新井宿駅に到着。皆さん元気に帰りました。
バスツアーは今年はこれで終わり。次回は来年の秋に予定しています。ぜひまたお会いしましょう。ではまた。
以上報告でした。

2018年4月15日日曜日

アルピーノ村ーツーリング団

 3月31日(土)散歩部ツーリング団による「見沼田んぼ桜回廊サイクリング大会」が盛大に挙行された。当会散歩部は散歩を日課とするメンバーが中心となって結成された部会であるが、その活動は日課の散歩であり、普段集まることはない。しかし、ツーリング団は毎年桜の時期に自転車で見沼田んぼをサイクリングすることを恒例としている。
 今回の旅は東内野にあるM団長の家から見沼通船掘ー浦和くらしの博物館民家園ー氷川女体神社などを、おもに見沼代用水西縁を通って、さいたま新都心の「アルピーノ村」にて昼食をとる計画である。
 私は翌日の木風堂茶屋(桜まつり)の準備があるので、昼食だけ共にすることにした。JRに乗って、さいたま新都心駅東口を出て、コクーンシティを抜けると、そこにアルピーノ村があった。

アルピーノ村とは?


alpino's Roots
1969年4月25日、一軒家の欧風レストランとして産声をあげたアルピーノ。
10年後にフランス料理の専門店へと成長しました。
その時、パスタのリクエストに応えて<すぱげってえ屋さん>のちにイタリア料理イルクオーレがオープン。
当時お店で人気だった手作りケーキがきっかけで<お菓子やさん>が誕生し、美味しいフランスパンが焼けるようになりました。
そして、ごはん党のリクエストから<素敵屋さん>が登場。

たくさんのお客様に育てられ、現在のアルピーノ村になりました。これからも進化し続けます。
個性あふれるアルピーノ村へどうぞお越しください。


*詳細はアルピーノ村ホームページをご覧ください。↓
http://www.alpino.co.jp/

イタリア料理店「イルクオーレ」
 洋食の「素敵屋さん」
イベントカレンダー
 
ちなみにフランス料理のアルピーノやお菓子屋さんは首都高速埼玉新都心線の道路を挟んで反対側にあり、あちらを右岸、こちらを左岸と呼んでいる。とってもシャレオツ!川口には無いなぁ。
 
すでにツーリング団は到着していた。12~3km走ってきたが疲れた様子もない。
 
 本日の昼食場所は洋食の「素敵屋さん」。古民家を改築した外観と内装は純和風だが、出されるのは洋食とあって、独特のオシャレ感がある。
 中に入ると早速注文。それぞれビーフシチュー、カニクリームコロッケ、ローストビーフ丼のランチをチョイス。
 
 カニクリームコロッケランチ
ローストビーフ丼*ビーフシチューは撮影に失敗
 
 
 美食に舌鼓を打ちながら、旅の様子を拝聴する。スマホの画像を見せてもらいながら桜の咲き具合、見どころを確認する。後日当ブログにアップするためだ。
 

 サイクリングの様子1
 サイクリングの様子2
サイクリングの様子3

 
サイクリングの様子4
 

見沼田んぼは見どころ一杯だなぁ。私も行きたかった。
 
食後に素敵屋さんの前で記念撮影。このあとツーリング団は来た道を帰っていく。ご苦労なことだ。
 
 

 見送りをしようと待っていると、何故かなかなか帰ろうとしない。「もう帰っていいよ」と言われるが、そうはいかないと思って待っていると、何か様子がおかしい。そういえば自転車がない。
 それじゃ!と言いながら彼らが乗り込んだのはこの車。バムッ!とドアを閉めて「撮っちゃだめだよ」と言い捨てて去っていった。
サイクリングじゃねえじゃん。

ツーリング団よ、手抜きはいかんだろ。
以上報告でした。

2018年4月13日金曜日

第7回クマガイソウ祭りー根岸小学校

 毎年恒例のクマガイソウ祭りが始まりました。今年で7回目。回を重ねるごとに内容が充実してきています。当会も協力していますので、興味のある方はぜひ見に行ってください。貴重ですよ。
 公開はすでに始まっており、今月末まで。時間は10時~14時までです。職員室玄関前にて記帳してから見学してください。
クマガイソウまつり実行委員会からもらったチラシ
 
チラシの裏は学校内の様々な植物の分布図になっています。
 
 
当会メンバー和菓子の「中ばし」と実行委員会のコラボで生まれた「母衣花」。売り上げの一部をクマガイソウの保護活動に充てています。
 「母衣花」。クマガイソウの語源になった熊谷直実の母衣から名前を取っています。なかなか良いセンス。
こちらは「くまるん」まんじゅう。くまるんは根岸小学校の児童がつくったイメージキャラクターなのです。

今年は開花が早く、見ごろは4月16日から1週間辺りだそうです。そこでお知らせです。

くまるん茶屋「母衣庵」

4月16日(月)から19日(水)
今回教室の一部をお借りしてオープンします。
和菓子と抹茶が楽しめます。

これはぜひ行かねば!!
この茶屋には当会も蛇の目傘や縁台などを提供して雰囲気づくりに協力しています。みなさんぜひお立ち寄りくださいませ!
以上