2018年8月29日水曜日

アンティコ バジリカー近隣のお店紹介

赤山のイタリアレストラン「アンティコ バジリカ」さんに行ってきました。名店といわれて久しいアンティコさんですが、入ったのは今回が初めてです。*以下便宜上「アンティコ」さんと言わせていただきます。
アンティコさんは県道161号線(越谷川口線)を新井宿駅から北東に向かっていくと右手にあります。イタリヤ国旗が目印です。
緑に抱かれたような古民家。赤山らしいですね。アンティコとは英語のアンティークで、バジリカとはイタリヤのバジリカータ州から取ったそうです。なぜバジリカータ州なのかというと、バジリカータ州はイタリヤでは片田舎のイメージがあるからだそうです。アンティコバジリカは言ってみれば「片田舎の古い家」という意味でしょうか?
今日はランチを頂きに来ました
内装ももちろんアンティークです。真ん中のストーブは冬は実際に薪を燃やすそうです。温かそうですね。
店内は意外とゆったりしていて30席近くあります。
カーテンや照明、イス、テーブルも統一感があり、落ち着きがあります。常連さんが多いそうですが、この落ち着きが大きな理由の一つです。
窓際の席は特に雰囲気があります。
ランチ、ディナーのコースです。基本はこの中から選びます。
お店の人が大きな黒板を持ってきて、ランチの内容を説明。前菜から食後の飲物まで、いくつか種類があり、その中から選びます。
はじめにパンが出ます。甘味があってとても美味しいです。う~ん、このパンだけでも良い気がする。*ちなみにおかわりができます。
まずは前菜。豆鯵のエスカベッシュとトマトのサラダ。南蛮漬けみたいでとても美味しい!豆鯵なのでボリボリと食感が良かったです。調べたらエスカベッシュとは南蛮漬けのことでしたね。勉強になります。
今日は僕の他にもう一人調査員Eが同行したので、これはEの前菜。鴨のスモークとチーズムースオレンジのサラダ仕立て。一口頂きましたが、鴨の燻製のようなベーコンのようなコクのある不思議な味。うまい!
続きましてスープ。かぼちゃの冷スープ。かぼちゃの濃い味。
Eのスープ。ミネストローネ。赤かぶとビーツが入っています。
メイン料理。スズキのポアレ タプナードソース。これは600円追加したグレードアップメニューです。スズキの皮がパリパリ!旨味のある肉厚の身がこのソースと合います。粒マスタードかな?ピリリと効いていました。
E調査員のパスタ。桜エビのペペロンチーノ。桜エビはペペロンチーノに合うことを知りました。
パンナコッタ。最後はあっさりとシャーベットをと思いましたが、Eが先に頼んだので逆張りしました。
巨峰のソルベ(シャーベット)。Eはこっちのが好きだと言ってました。パンナコッタも美味しかったよ。
食後はコーヒーと紅茶をそれぞれオーダーしました。コースはここまでです。ふぅ~、結構ボリュームがあります。
 
 この後オーナーシェフにお話を伺いました。
オーナーは調理師学校を卒業後40年以上イタリアン一筋で腕を振るってきたそうです。キャンティやジロー、サバティーニなどの有名イタリアンレストランで働き、平成10年にこのお店を開いたとの事です。ですから今年でちょうど20年になります。もう老舗と言ってよいでしょう。
 
今回はランチでしたが、ディナーはまた、趣が違うようなので、また来たいと思います。
 
また、オーナーからはクリスマスは特に人気があるので予約をした方が良いですよ。とありました。
クリスマスは特別コースで、フルコースディナーは8,500円。ランチは3,500円だそうです。12月の23、24,25日の3日間だそうです。まだ少し早いですが、しっかり頭に入れておきましょう。
厨房に居るのがオーナシェフです。とても気さくな方でした。
 
基本データ
 
ANTICO BASILICA (アンティコバ ジリカ)
住所:埼玉県川口市赤山581-3
Tel:048-297-8500
ランチ:AM11:30~PM15:00
ディナー:PM18:00~PM21:30
座席25~30席 駐車場10台ぐらい*それ以上の場合も可能です。
定休日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日 火曜日が定休となります)
※ イタリアの国旗が目印です。
HP

2018年8月26日日曜日

イイナパークでイベント

 
8月25・26日、イイナパークでワークショップなどのイベントが行われました。
 場所はパーク内の歴史資料館にて。25日は木工工作、26日が土偶つくりを行いました。
 子供たちを中心に結構な人で賑わっていました。
なかなかの出来です
 
 そのほか地域物産館では違うワークショップなどのイベントが。ふわふわドームが灼熱地獄なので日陰や室内で遊べるのは助かります。
 主催は川口市教育委員会のようです。映像ギャラリーで琵琶の演奏もやっていて、多くの人が聴き入っていました。
今後もパーク内の施設を使ってのイベントが続くようです。9月は鉄を使った彫刻展が開催されるとの事。これは大人向けのようです。暑くてイイナパークまで行くのは大変ですが、涼しくなったら行ってみましょう。今日はとにかく暑かった!以上報告でした。

2018年8月24日金曜日

8月号の広報「かわぐち」の28ページ目が熱かった話

川口市民のみなさまなら、ご存知の「かわぐち」









というわけで、前置きが長かったのですが、
「広報かわぐち8月号」28ページに
当会会長が載っています。
木の魅力、自然の魅力について熱く語っています。
お時間あるときにご覧ください。

広報かわぐち8月号 PDF



2018年8月5日日曜日

街のすごい人―根付彫刻家 多々羅幽山さん

 多々羅幽山(本名誘蔵)氏
当会は新井宿周辺の話題なら名所やお店、イベントなど、だいたい取り上げてきましたが、そういえば人物は取り上げてないなと思っていたところ、会の重役から道合に根付彫刻ですごい人がいるので、取材してみては?とのオファーがあったので行ってみました。
  多々羅幽山氏。根付彫刻の世界では著名との事ですが、私らにとっては別の意味で有名人です。名前とお顔を見ておや?っと思う人は少なからずいるはずです。そう、多々羅氏は神根小学校南門の坂下にあった「たたら文具」の店主だったのです。もう8年ぐらい前にお店を畳みましたが、神根小学校関係者にとっては忘れることのできないお店でした。それがなぜ根付彫刻などを?と思いましたが、その前に「根付」とは何か?ということを一応説明します。
 これは当会会長が多々羅氏より頂いた根付ですが、今で言うストラップみたいですね。Wikipediaによると、「根付(ねつけ、ねづけ)とは、江戸時代に煙草入れ、矢立て、印籠、小型の革製鞄(お金、食べ物、筆記用具、薬、煙草など小間物を入れた)などを紐で帯から吊るし持ち歩くときに用いた留め具。江戸時代から近代にかけての古根付と、昭和、平成の現代根付に大別される。」
 「製作国の日本以上に、日本国外では骨董的蒐集品として高く評価されている。日本では郷誠之助と高円宮憲仁親王とが蒐集家として著名である。2人が遺した膨大な蒐集品は、いずれも東京国立博物館に寄贈され、その名を冠したコレクションとして所蔵されている。 」
犬の根付(虎渓作)ウィキペディアより
使用例(ウィキペディアより)
う~ん。想像以上に凄い世界ですね。そんな根付の世界で多々羅さんは華々しい活躍をされています。多々羅さんの根付師経歴を紹介しますと。
 
生年 昭和22年
 
平成10年 日本象牙彫刻会教室に入学・宮澤良舟・斎藤保房に師事
平成11~23年 日本の象牙彫刻展15回入選
平成12年7月 日本象牙彫刻会に入会
平成14年4月 日本象牙彫刻会理事
平成15年11月 第7回日本象牙工芸展出展
平成20年4月 日本象牙彫刻会副会長
平成22年1月 第22回鳩ケ谷市美術展覧会 鳩ケ谷市長賞受賞
平成22年9月 第33回日本の象牙彫刻展 文部大臣賞受賞
平成22年12月 第23回鳩ケ谷市美術展覧会 鳩ケ谷市美術家協会賞受賞
平成24年4月~ 日本象牙彫刻会教室講師
平成28年9月 第39回日本の牙角彫刻展 東京都知事賞
現在に至る。
 
大変な功績ですね。


作品の一部
専門誌に載った作品
多々羅さんの工房。文具店を畳んだ後に作ったそうです。
 
多々羅さんは美術に造詣が深かったわけでも、根付彫刻に興味があったわけでもないそうです。人生半ばを過ぎ、何か残ることをしたい、物づくりを通じて自分の意思を伝えたいと思って、そういうものを求めた末に根付彫刻にたどり着いたそうです。しかし、50歳を過ぎて始めたにしては凄い経歴です。
 
そんな多々羅さんの作品をじかに見ることができます。興味のある方は見に行ってください。
 
2018根付彫刻展
池袋西武百貨店6Fアートフォーラム
10月10日~16日

以上、第1回「街のすごい人」報告でした。

2018年8月3日金曜日

開幕!グリーンセンタービアガーデン2018

 
恒例のグリーンセンタービアガーデンが今年も開幕!早速行ってきました。
 
*詳細情報はこちら↓
「グリーンセンタービアガーデン2018」


今年は異常に暑い!夜でも暑いのでどうかと思いましたが、6時過ぎともなると風が出て過ごしやすかったです。飲み放題、食べ放題プランにて生ビールにつまみをガンガンいきました。デパートのビアガーデンですと、つまみのクオリティが低くて、その割に高いことが間々ありますが、そこはグリーンセンターのレストラン。とっても美味しかったです。

 テラス席から見るイルミネーション。やはりロケーションはそこらのビアガーデンでは味わえません。
ライトアップされた花壇広場。初日とあって広場に来る人は少なかったですね。花壇広場はフリー入場なのでお子さんを連れて行けば喜びます。売店もありますが持ち込みもOKだそうで、ファミリーで来たいですね。

今年は異常な暑さなので、テラス席の予約はまだまだ空いているそうです。夜のグリーンセンターは街中より涼しいので、ぜひ涼みに行きましょう。何といっても入園料は無料ですので。予約状況の確認は下記へどうぞ。

お問い合わせ・予約048-282-2167(レストラン緑屋)