2019年3月20日水曜日

朗読ー「怒る富士」お知らせ


イイナパーク歴史自然資料館からのお知らせです。ぜひとも拝聴したいと思います。

朗読「怒る富士」

3月31日(日)

14:00~16:00(開場13:30)


イイナパーク歴史自然資料館映像ギャラリー

定員 40名程度

お申込み 080-9878-1046(一般社団法人アプリュス)
       メール akayamapc@gmail.com



「怒る富士」歴史小説家の故新田次郎氏の小説で、宝永4年(1707年)の富士山の大噴火と、被災地に派遣されて復興に尽力した関東郡代伊奈家7代目の伊奈忠順の苦悩を描いた長編小説です。甚大な被害とそれを政争の具とする幕府官僚たちの権力争いに翻弄される忠順と被災民達。刻々と絶望的な状況に陥る中、ついに忠順はある決断をする。
歴史的事実を縦糸に、さまざまな人間模様を横糸に描いた、重厚にして強く余韻の残る作品です。小説の中に赤山陣屋や源長寺が出てきます。実際に忠順や伊奈家の人々がそこで生活したり仕事をしていたことを思うと、改めて赤山という土地は意義深い歴史があると思います。

当会ホームページの伊奈家の歴史のページ
http://araijuku2011.jp/history/

0 件のコメント: