2019年9月7日土曜日

第8回歴史バスツアーのお知らせ

 
 今回の行先は駿府(静岡市)です。駿府は徳川家康が今川家での人質時代を過ごし、また、天下を取って将軍職を秀忠に譲った後に大御所政治と言われる二元政治を行った重要な場所です。そして、代官伊奈家にとっても些かかかわりのある土地でもあります。旅の資料では徳川家康の生涯と伊奈家の駿府でのエピソードを紹介します。
 まず駿府城公園の巽櫓の展示を見学し、昨年出来たばかりの日本平夢テラスで360度の絶景を観賞します。最後に清水港のエスパルスドリームプラザにてお土産を買って帰路に着きます。駿府は遠いのであまり滞在時間はありませんが、充実した内容となっておりますので、歴史好きでも旅好きでもご満足いただける旅となるでしょう。

第8回バスツアー

「駿府へ~徳川家康編~」伊奈家と駿府にまつわる話

実施日 11月9日(土)*雨天決行
参加費 7500円
*バス代、昼食代、入館料、保険料込み
定員   40名
お申込み *当会HP「お問合せはこちら」でお名前、年齢、住所、連絡先を記入し、題名を「バスツアー」と書いて送信するか、下記URLをクリックするとHPに飛びますので、右側にあるバスツアーのお知らせをクリックしてください。

当会ホームページ⇓
http://araijuku2011.jp/

当会HPのお問合せフォーム⇓
http://araijuku2011.jp/contact/

旅程
6:45集合 新井宿駅エレベーター出口前(地上)
7:00出発
東京外環自動車道→関越自動車道→圏央道→東名高速道路→新東名高速道路
(休憩場所:三芳PA、中井PA、駿河湾沼津SA)
12:00昼食    麺処サガミ
13:05見学    駿府城公園巽櫓
14:30自由散策 日本平夢テラス
16:00自由行動 エスパルスドリームプラザ
新東名→東名→圏央道→関越→東京外環
(休憩場所:足柄SA、厚木PA,三芳PA)
21:00帰着    新井宿駅 
 
 駿府城公園。家康の大御所時代の居城。生涯最後の地です。
 巽櫓というやぐらの中が展示室になっています。
 日本平夢テラス。新国立競技場を手掛けた隈研吾氏の設計は見もの。
 360度の絶景に出会えます。しかも無料というのはうれしい。
中には展示エリアとカフェラウンジがあります。
 最後は清水港のエスパルスドリームプラザでお買い物。
 地元静岡土産はもちろん、すし横丁やミュージアム、観覧車まであります。
 清水港にありますので、ヨットハーバーなど港情緒たっぷりです。滞在時間がちょっと短いのが惜しい!でも少しでも長く居られるよう工夫します。
 昼食は麺処サガミ。東海地方のチェーン店ですが、安くて美味しいです。(食べました)
内容はざるそば、天ぷら、茶わん蒸し、刺身、煮物、サラダ、ご飯、漬物
 
 

0 件のコメント: