2020年7月9日木曜日

川口ブルワリーに行ってきました!

これが噂の夏みかんビール。ブルワリーversionです

今年は本当に雨がよく降ります。長梅雨ですね。これだけ雨が続くと気分が鬱々としてしまいます。そこで湿気払いということでビールを飲みに行くことにしました。
 場所は川口市幸町、ふじの市商店街にある「川口ブルワリー」です。川口ブルワリーは2015年にオープンした川口発の地ビール醸造所です。この度、当会メンバーの農家の夏みかんを使ったビールを作ったと言うので、有志で訪ねたのでした。
夏みかんビールと言えば昨年、西川口のGROW BREW HOUSE(グローブリューハウス)が神根セゾンシリーズとして日本で初めて(たぶん)夏みかんを使ったビールをリリースしました。
 
グローブリューハウスの神根セゾン夏みかん。この後、梅、しょうが、ゆずのversionを立て続けにアップしました。
グローブリューハウスは西川口の西口にある立ち飲みがスタイルの地ビール醸造所です。醸造長はじつは川口ブルワリーで働いていました。

GLOWさんの夏みかんビールはガツンと来る、the夏みかんといった味ですが、川口ブルワリーのは青空のような爽やかな味でした。飲みやすいです。
川口ブルワリーは奥が飲食コーナーになっていて、ビールはもちろんフードも楽しめます。
このピザ、生地がとっても美味しかったです。
カウンターです。活気があります。
 
入り口付近は物販コーナーになっていて、いろんなお酒があります。お土産にいいですね。
 カウンターの後ろが醸造所になっています。定番ビールとして「川口御成道エール」「荒川サンセット」「ホワイト・リリーヴァイツェン」を作っています。ここは麦汁を煮たりして仕込みをするところ。最初の工程ですね。

 ここは発酵タンクです。アルコールが発生します。これを寝かせることで熟成して味が整います。しかしホントに川口てビール作ってるんですね。川口って面白い!

 カウンターのチルドケースには新井商店さんの味噌などの発酵食品が並んでいます。

川口ブルワリーは業務用酒類・食品調味問屋 株式会社アライが運営するグループで他に「角打ち新井商店」の川口店と西川口店があります。株式会社アライさんは元々味噌屋で、創業は1953年。川口は旧田中家住宅に行けば分かりますが、昔は味噌の一大産地でした。そして2003年までサッポロビールの工場がありました。株式会社アライさんは醸造文化のあった川口から「飲食醸造文化を発信する事で人・街・元気づくりに貢献していきたい。」との目標を持っています。現在川口には川口ブルワリーを筆頭に西川口のグローブリューハウス、新堀の星野製作所があり、この秋にはもう一つブルワリーが誕生します。いよいよクラフトビールの街としての体裁が整いつつあります。ものすごく楽しみですし、当会もこの機運に乗り、地元農産物を使った地産地消・名産品の開発に精進して参ります。

川口ブルワリー
https://www.kawaguchi-brewery.com/
月曜日~金曜日 16:00~23:30(LO 23:00)
土曜日  11:30~23:30(LO 23:00)
日曜日・祝日 11:30~22:00(LO 21:30)
川口市 幸町2-2-16
フジマルシェビル103 TEL : 048-280-6130打打ち