2020年11月26日木曜日

埼玉新聞掲載記事をご紹介します

小学校でコメづくり

コメづくりの記事が紹介されました。
新郷南小学校で川口市の農家、肥留間さんが指導しました。




校庭の田んぼで収穫とは、なかなか貴重な体験ですね。何より楽しそうです。



新郷新聞に紹介されました【都市農家部会】

先日当会ブログでもご紹介したダリア園(矢作園芸)と落花生収穫体験(髙津園芸)。
新郷新聞に掲載されましたので記事をご紹介します。


神戸の矢作ダリア園を見学





落花生収穫体験



新郷新聞2020年11月18日発行号
http://singo-sinbun.jp/newest.html



2020年11月10日火曜日

赤山渋の展示会開催!―イイナパーク歴史自然資料館

 


「赤山渋を知る」~自然の万能液~
期間 11月21日~12月20日
場所 イイナパーク歴史自然資料館

講演 「赤山渋の制作過程と検証」
12月6日(日)13:30~14:30
場所 歴史自然資料館映像ギャラリー
講師 新井宿駅と地域まちづくり協議会文化工芸部

赤山渋とは柿から渋を採り発酵させた液(柿渋)の事で、江戸時代に赤山周辺で盛んに作られた特産品でした。柿渋は染料・防腐・防水など、人々の生活にとって無くてはならない利用価値の高い万能液でした。この度の展示会は川口の伝統産業であった赤山渋をフォーカスした展示会です。川口の知られざる歴史と、自然の万能液「柿渋」について知る絶好の機会ですので、是非見学に来てください。
当会では伝統の赤山渋を再現するために、毎年8月お盆の頃渋柿から柿渋を作る作業をしています。
柿渋つくりは採取・粉砕・漬け込み・搾り・発酵など複雑で手間のかかる工程を経て出来るため、その再現は容易ではありません。
柿渋で塗り固めた笊
柿渋は防腐や防水のみならず、繊維や木材を強固にしてくれるので、漁網や板塀などにも使われました。また、和紙に重ねて塗ることにより渋紙となり傘や合羽、包み紙や染め物の型紙にも使われるなど大変用途の広い塗料です。
当会では柿渋染の多くの作品を作っており、期間中に展示しておりますので、ぜひご覧になってください。
当会の赤山渋のページ⇓

以上お知らせでした。